眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> クリガニ科(Atelecyclidae) >> クリガニ属(Telmessus)

トゲクリガニ (Toge Kurigani)

Telmessus acutidens

トゲクリガニ (Toge Kurigani)

<甲幅9.0cm・メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産

分布:日本(北海道西海岸、津軽海峡、三陸沿岸、東京湾) <海水性>

初めて訪れた青森で「トゲクリガニ入荷」の看板を見たことがる。気になってのぞいてみると、並べられていたのはケガニ。なるほど青森ではケガニの事をトゲクリガニと呼んでいるのかと思っていた。
しかしそれから4年後、テレビ番組でトゲクリガニの事を知る。なんと全く別のカニではないか!見た目が似ているのでケガニと勘違いしてしまっていたのだ。
トゲクリガニは青森県内では陸奥湾で漁獲される。漁期は4月下旬~5月下旬と短い。オスとメスとで漁期が異なり、オスの漁期が先、メスの漁期は後になるようだ。
青森県の野辺地町漁協からメスを取り寄せて食べてみたが、通称ミソと呼ばれる中腸腺と内子と呼ばれる卵巣が非常に美味しい。比較的安くて美味しいカニのため地元で消費されて外に出回らないというのにも納得することができた。

トゲクリガニメスの額

<甲幅9.0cm・メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニメスの額

トゲクリガニメスの額。
トゲクリガニと同じクリガニ属にクリガニというカニがいて、両種は非常に良く似ている。
見分けるには眼と眼の間の歯(棘)の大きさをみるとよい。
中二つが外二つの歯より小さければトゲクリガニとなる。明らかに小さいというよりもよく見れば小さいという程度なので、やはり両種の見分けは難しい。

トゲクリガニのメス

<甲幅9.0cm・メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニのメス

トゲクリガニのメス。

トゲクリガニメスの腹面

<甲幅9.0cm・メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニメスの腹面

トゲクリガニメスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は丸い。

トゲクリガニの交尾栓

<甲幅9.0cm・メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニの交尾栓

トゲクリガニの交尾栓。交尾栓はオスがメスと交尾した後に生殖孔に蓋をするためにつけたもの。
これによって別のオスと交尾できなくする狙いがあるようだ。
トゲクリガニに限らず、交尾後に交尾栓をつくる生物は多く存在する。

トゲクリガニの交尾栓

<甲幅8.8cm・メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニの交尾栓

トゲクリガニの交尾栓。
古くなって脱落しそうな交尾栓。

購入したトゲクリガニ

<メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■購入したトゲクリガニ

青森県の野辺地町漁協から取り寄せたトゲクリガニのメス。

トゲクリガニの塩茹で

<メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニの塩茹で

トゲクリガニをたっぷりのお湯でゆでているところ。カニは刺激を与えると脚を自切することがあるので、水からゆでるのがコツ。
沸騰したお湯に活きたカニを入れると脚がとれてしまうことがある。
漁協のレシピでは沸騰後15分が食べごろとのこと。

トゲクリガニの塩茹で

<メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニの塩茹で

加熱すると褐色の甲が赤く色づく。
トゲクリガニは塩茹でにして食べるのが一番らしい。

トゲクリガニのミソ

<メス> 購入 2014.5.17. 青森県/陸奥湾産 

■トゲクリガニのミソ

トゲクリガニは小さいので身は少ないが、通称ミソと呼ばれる中腸腺と内子と呼ばれる卵巣は絶品。
黄色く見えている部分が中腸腺、オレンジ色に見えている部分が卵巣。


眼遊記

404 青森県産 ~活トゲクリガニに挑戦~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。