眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> ヤドカリ科(Diogenidae) >> ヒメヨコバサミ属(Paguristes)

ケブカヒメヨコバサミ (Paguristes ortmanni)

Paguristes ortmanni

ケブカヒメヨコバサミ (Paguristes ortmanni)

<甲長11.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町

分布:日本(北海道~九州)、韓国 岩礁域 海水域

ケブカヒメイソガニは磯で普通にみられるヤドカリの1種。磯で多くみられるホンヤドカリユビナガホンヤドカリなどに比べると一回り大きい印象。
標準和名が示すとおり、脚にはたくさんの毛が生えている。特に美しい眼柄にある赤白の縞模様は本種を見分けるときの特徴でもある。

ケブカヒメヨコバサミの眼

<甲長11.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■ケブカヒメヨコバサミの眼

ケブカヒメヨコバサミの眼。眼柄は赤と白の縦縞模様になっているのが特徴。

ケブカヒメヨコバサミの尾部

<甲長11.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■ケブカヒメヨコバサミの尾部

ケブカヒメヨコバサミの尾部は赤と白のモザイク模様。

ケブカヒメヨコバサミの尾部

<甲長11.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■レイシガイの殻に入ったケブカヒメヨコバサミ

ケブカヒメヨコバサミは硬い貝殻を好んで利用する。写真の個体はレイシガイの殻を利用していた。
レイシガイの殻はとても硬い。

体勢を立て直そうと必死のケブカヒメヨコバサミ

<甲長11.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■体勢を立て直そうと必死のケブカヒメヨコバサミ

重たいレイシガイの殻を背負っているので、一度引っくり返ってしまうと体勢を立て直すのが大変。

ケブカヒメヨコバサミの生息環境

2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■ケブカヒメヨコバサミの生息環境

ケブカヒメヨコバサミがみられた海のタイドプール。ここではミドリイソギンチャクナベカなどがみられた。


眼遊記

701 島根町 ~タイドプールの生き物~

 

<<前の種

 
カウンター

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。