眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> コメツキガニ科(Dotillidae) >> コメツキガニ属(Scopimera)

コメツキガニ (Sand Bubbler Crab)

Scopimera globosa

コメツキガニ (Sand Bubbler Crab)

<甲幅1.5cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟

分布:日本(北海道~九州)、韓国 <内湾の干潟、河口の砂底 海水域>

実家の近くにある広島県竹原市のハチの干潟でコメツキガニをみつけた。
小さな小さなこのカニは、水の引いた干潟で砂を口に入れて栄養分をこしとって食べている。干潟で無数の小さな砂団子をみつけたらこのカニの食事跡かもしれない。
琉球列島に生息するリュウキュウコメツキガニはかつて本種だと考えられてきたが、2010年に別種とされた。
見た目も生態も両種は非常によく似ている。

コメツキガニオスの腹面

<甲幅1.5cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■コメツキガニオスの腹面

コメツキガニオスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は細長い形をしている。

コメツキガニのオス

<甲幅1.2cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■コメツキガニのオス

コメツキガニのオス。

コメツキガニオスの腹面

<甲幅1.2cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■コメツキガニオスの腹面

コメツキガニオスの腹面。

食事中のコメツキガニ

2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■食事中のコメツキガニ

食事中のコメツキガニ。
周りにみられる砂団子はコメツキガニの食事の跡。

ウェービングをするコメツキガニ

2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ウェービングをするコメツキガニ

鉗脚を高くあげるウェービングという求愛行動をするコメツキガニ。

コメツキガニの巣穴

2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■コメツキガニの巣穴

コメツキガニの巣穴。

食事中のコメツキガニ

2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■食事中のコメツキガニ

食事中のコメツキガニ。
砂を口に入れ栄養分をこし食べ、その残りカスが砂団子となる。
この行動が米をつく動作に見えることからコメツキガニと名付けられたようだ。
コメツキガニは干潟の底質を浄化する役割をしている。


眼遊記

403 ハチの干潟 ~地元にもシオマネキ!?~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。