眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> スナガニ科(Ocypodidae) >> オサガニ属(Macrophthalmus)

ヤマトオサガニ (Macrophthalmus japonicus)

Macrophthalmus japonicus

ヤマトオサガニ (Macrophthalmus japonicus)

<甲幅2.5cm・オス> 手づかみ 2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟

分布:日本(青森県以南)、台湾、中国(北部) <海岸に近い河口の泥底 海水域>

広島県竹原市のハチの干潟で本種を初めてみた。
図鑑にあるとおり、まさに海岸に近い河口の泥底でたくさんのヤマトオサガニが活動していた。
このときは求愛の時期だったようで、いたるところでウェービングという求愛行動をしているのをみることができた。
ヒメヤマトオサガニと非常によく似ているが、第3歩脚に毛が生えていないこと、ウェービングする際に両鉗脚を持ち上げ同時に背伸びするようなしぐさをとることで区別できる。

ヤマトオサガニオスの腹面

<甲幅2.5cm・オス> 手づかみ 2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヤマトオサガニオスの腹面

ヤマトオサガニオスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は細長い。
この個体の腹面はオレンジ色がかっている。

ヤマトオサガニオスの鉗脚

<甲幅2.5cm・オス> 手づかみ 2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヤマトオサガニオスの鉗脚

ヤマトオサガニオスの鉗脚。
この個体はややオレンジがかっているが白い。同属のオサガニの鉗脚は小さなイボイボがついていて褐色になる。
一方よく似たヒメヤマトオサガニの鉗脚はヤマトオサガニとそっくり。

ヤマトオサガニの歩脚

<甲幅2.5cm・オス> 手づかみ 2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヤマトオサガニの歩脚

ヤマトオサガニオスの第三歩脚には毛が生えていない。
よく似たヒメヤマトオサガニの第三歩脚にはスネ毛のような毛が生える。

水から眼だけを出すヤマトオサガニ

2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■水から眼だけを出すヤマトオサガニ

水から眼だけを出すヤマトオサガニ。
オサガニの仲間は眼柄が長く、写真の様に水の中からでも水上の様子を見ることができる。

食事中のヤマトオサガニ

2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■食事中のヤマトオサガニ

食事中のヤマトオサガニ。
泥を口に入れて栄養分をこしとって食べる。
右側にみえるのは巣穴。

ウェービングをするヤマトオサガニ

2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ウェービングをするヤマトオサガニ

ウェービングをするヤマトオサガニ。
ウェービングとは鉗脚を高くあげる求愛行動。
ヤマトオサガニのウェービングは両方の鉗脚をあげ、同時に背伸びのように体を上方に持ち上げる。
よく似たヒメヤマトオサガニは鉗脚を眼の上まで大きく振り上げる。

ヤマトオサガニ

2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヤマトオサガニ

ヤマトオサガニ。

巣穴から出るヤマトオサガニ

2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■巣穴から出るヤマトオサガニ

巣穴から恐る恐る出るヤマトオサガニ。

巣穴から出るヤマトオサガニ

2008.6.20. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■巣穴から出るヤマトオサガニ

巣穴から恐る恐る出るヤマトオサガニ。

世界遺産で食事をするヤマトオサガニ

2015.4.2. 広島県/廿日市市/宮島町/厳島神社 

■世界遺産で食事をするヤマトオサガニ

このヤマトオサガニは世界遺産の広島県、厳島神社に住んでいる個体。
世界中の人が訪れる観光地だということを理解しているのかしていないのか分からないが、今日も厳島神社ではヤマトオサガニが太古の昔から続けている生活を送っている。

曽根干潟のヤマトオサガニ

2016.7.22. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■曽根干潟のヤマトオサガニ

福岡県北九州市の曽根干潟ではたくさんのヤマトオサガニが生息している。

ヤマトオサガニのオス

<オス> 2017.7.26. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■ヤマトオサガニのオス

ヤマトオサガニのオス。メスに比べ大きな鉗脚を持つ。
ヤマトオサガニは顎脚が白くてとても目立つ。なんの意味があるのだろう。

ヤマトオサガニのメス

<メス> 2017.7.26. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■ヤマトオサガニのメス

ヤマトオサガニのメス。オスに比べると鉗脚は小さい。

アシハラガニに捕食されるヤマトオサガニ

2016.7.22. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■アシハラガニに捕食されるヤマトオサガニ

アシハラガニに捕食されるヤマトオサガニ。
水鳥や他のカニなど、たくさんの天敵がいる中でたくましく生きている。


眼遊記

609 曽根干潟 ~チゴガニのウェービング~
519 曽根干潟 ~カニを襲うカニ~
518 曽根干潟 ~カブトガニの死骸たち~
480 ハチの干潟 ~アシハラガニを狙って~
470 曽根干潟 ~カブトガニの幼生に出会う~
452 宮島 ~宮島の生き物~
403 ハチの干潟 ~地元にもシオマネキ!?~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。