眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> スナガニ科(Ocypodidae) >> シオマネキ属(Uca)

シオマネキ (Bowed Fiddler Crab)

Uca arcuata

シオマネキ (Bowed Fiddler Crab)

<甲幅2.3cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾

分布:日本(静岡県以西の本州太平洋岸、四国、九州、南西諸島)、韓国、中国、香港、台湾

シオマネキは日本国内のシオマネキ属の中で最も大型の種。
開発などの影響で生息域が減少しており、環境省レッドリストでは絶滅危惧II類(VU)とされている。
初めて訪れた福岡県の曽根干潟でその姿をみることが出来たが、同属のハクセンシオマネキと違ってヨシの生える粘土状の場所でみられた。
きっと住み分けをしているのだろう。ちなみにこの曽根干潟では何百万というハクセンシオマネキの姿をみることができたが、この日にみた本種は1匹のみ。確かに曽根干潟では個体数が少なかった。
一方、香港の干潟ではハクセンシオマネキホンコンシオマネキとならんで普通にみられる種。
大型の種であること、鮮やかな赤色がとても目立つため、生息していれば難なくみつけることができるだろう。

正面からみたシオマネキ

<甲幅2.3cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■正面からみたシオマネキ

正面からみたシオマネキのオス。
シオマネキは同属の種同様、オスの片側の鉗脚が巨大化する。

シオマネキオスの腹面

<甲幅2.3cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキオスの腹面

シオマネキオスの腹面。
通称「ふんどし」と呼ばれる腹部は細長い形をしている。

シオマネキのオス

<甲幅2.0cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキのオス

シオマネキのオス。
シオマネキの歩脚は太く、他のシオマネキ属に比べてがっしりした印象。
甲の模様は変異が大きい。

シオマネキオスの腹面

<甲幅2.0cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキオスの腹面

シオマネキオスの腹面。
通称「ふんどし」と呼ばれる腹部は細長い形をしている。

正面からみたシオマネキ

<甲幅2.0cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■正面からみたシオマネキ

大鉗脚には顆粒がみられる。

シオマネキの大鉗脚

<甲幅2.0cm・オス>手づかみ 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキの大鉗脚

シオマネキの大鉗脚。
掌部(バーのピンク)と可動指(バーの赤)の比率は約1:1.3で、香港でみられる U.acuta はそれが1:1。これが両種の見分けのキーのようだ。

シオマネキのオス

<オス> 2015.7.31. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■シオマネキのオス

大きな鉗脚をもつシオマネキのオス。
他のシオマネキ属のカニ同様、オスの片方の鉗脚だけが大きくなる。
日本産最大の種だけあって、遠くからでもよく目立つ。

シオマネキの体格

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキの体格

香港で撮影したシオマネキ。
シオマネキは歩脚が太く、大鉗脚も大きいためがっちりとした印象を受ける。

シオマネキの体色

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキの体色

シオマネキには色々な体色パターンがあるが、通常、大鉗脚や歩脚は赤くなる。甲は赤と黒からなっていることが多く、写真のようにまだら模様になっているものも多くみかける。

シオマネキのメス

<メス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキのメス

シオマネキのメス。
メスの鉗脚は両方とも小さい。

シオマネキのメス

<メス> 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキのメス

シオマネキのメス。
メスの鉗脚は両方とも小さい。

危険を察知して隠れるシオマネキ

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■危険を察知して隠れるシオマネキ

シオマネキは危険を察知すると巣穴の中に逃げ込む。近くに適当な巣穴がない場合は泥や砂の中に潜って身をひそめる。

シオマネキのオス

<オス> 2016.6.25. 香港/元朗区/下白泥 

■シオマネキのオス

香港の下白泥でみられたシオマネキのオス。
遠くからでもよく目立つ鮮やかな赤色をしている。

威嚇するシオマネキ

<オス> 2016.6.25. 香港/元朗区/下白泥 

■威嚇するシオマネキ

シオマネキは危険を察知すると巣穴の中に逃げ込むが、写真の様に立ち向かってくるものもいる。

シオマネキのオス

<オス> 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキのオス

マングローブの木の下で休憩しているシオマネキのオス。

大鉗脚が小さいシオマネキのオス

<オス> 2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■大鉗脚が小さいシオマネキのオス

上の写真の解説で、掌部と可動指の長さが1:1.3と書いたが、写真の個体は1:1の様にみえる。
この見分け方でいくと U.acuta(アキュートフィドラークラブ)になりそうだが、体色は明らかにシオマネキであること、またアキュートフィドラークラブは香港では米埔自然保護区でのみみられる種であるため、シオマネキとした。

シオマネキの大きさ

<メス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■シオマネキの大きさ

手で捕まえたシオマネキ。さすが日本最大種だけあって大きい。
シオマネキ類は危険を察知すると穴の中に逃げるため捕獲がとても難しい。
一方で捕まえる気持ちもなく足早に干潟を歩いていると、穴の中に逃げそびれ、戸惑っている個体をみることがある。
こうした個体は難なく捕まえる事ができる。

香港で主にみられるシオマネキ属4種

<左上:シオマネキ、右上:スプレンディドフィドラークラブ、左下:ハクセンシオマネキ、右下:ホンコンシオマネキ>
2016.9.12. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■香港で主にみられるシオマネキ属4種

香港で主にみられるシオマネキ属4種。
その4種とはシオマネキ、スプレンディドフィドラークラブハクセンシオマネキホンコンシオマネキ。甲幅が近いものを並べてみた。
シオマネキの大鉗脚はずんぐりとした印象。上でも書いたが歩脚が太いのも特徴。


眼遊記

609 曽根干潟 ~チゴガニのウェービング~
531 Tung Chung Bay ~香港の素晴らしい干潟とそこに生息する生き物たち その2~
526 Tung Chung Bay ~香港の素晴らしい干潟とそこに生息する生き物たち その1~
511 下白泥 ~香港の干潟~
470 曽根干潟 ~カブトガニの幼生に出会う~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。