眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> スナガニ科(Ocypodidae) >> シオマネキ属(Uca)

ミナミヒメシオマネキ (Minami Hime Shiomaneki)

Uca jocelynae

ミナミヒメシオマネキ (Minami Hime Shiomaneki)

<甲幅2.0cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市

分布:日本海(石垣島、西表島)、台湾、東南アジア 内湾のマングローブ林の沼沢地 汽水域

ミナミヒメシオマネキ(学名Uca jocelynaeのカニ)は2010年に新種記載されたシオマネキ属のカニだ。
以前もミナミヒメシオマネキというカニは他のカニと区別されていたが、フィジー周辺だけに生息するUra eocultrimanaと同じ種だと思われていた。詳しい調査を行った結果、このカニは確認されているどのカニとも違うということが分かり新しい学名がつけられた。
シオマネキ類は自分の住む島根県では全く縁のないカニで、石垣島で初めて見たときは全て同じ種に見えていた。
たくさん経験をつまないと、このグループはなかなか見分けが難しいと思う。
ミナミヒメシオマネキのオスは右側のハサミ脚が巨大になることが多い。

ミナミヒメシオマネキオスの腹面

<甲幅2.0cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミヒメシオマネキオスの腹面

ミナミヒメシオマネキオスの腹面。

ミナミヒメシオマネキオスの大きなハサミ

<甲幅2.0cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミヒメシオマネキオスの大きなハサミ

ミナミヒメシオマネキオスの大きなハサミ。
この個体では動かない指側がオレンジ色になっている。
ミナミヒメシオマネキのオスは右側のハサミ脚が巨大になることが多い。

ミナミヒメシオマネキオスの小さなハサミ

<甲幅2.0cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミヒメシオマネキオスの小さなハサミ

ミナミヒメシオマネキオスの小さなハサミ。
シオマネキ類のオスは左右のどちらかのハサミ脚が巨大化する性質がある。
大きな方のハサミ脚はオス同士の闘争などに使われ、小さい方のハサミ脚は餌を食べたりするために使われる。

ミナミヒメシオマネキの生息するマングローブ林

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミヒメシオマネキの生息するマングローブ林

石垣島にあるミナミヒメシオマネキの生息するマングローブ林。
満潮時には一面が水の中に隠れる。

ミナミヒメシオマネキの生息するマングローブ林

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミヒメシオマネキの生息するマングローブ林

石垣島にあるミナミヒメシオマネキの生息するマングローブ林。
さまざまな生物が生息するこのマングローブ林は我々の宝だ。


眼遊記

366 石垣市 ~マングローブ林を探索~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。