眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> スナガニ科(Ocypodidae) >> シオマネキ属(Uca)

ハクセンシオマネキ (Milky Fiddler Crab)

Uca lactea

ハクセンシオマネキ (Milky Fiddler Crab)

<甲幅1.4cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟

分布:日本(伊勢湾~九州)、韓国 <内湾の河口の高潮線付近の泥が混じった砂地 海水域>

ハクセンシオマネキは身近なシオマネキ類のひとつ。
初めて見たのは地元の海。
長年暮らした地元の海にまさかシオマネキの仲間が生息しているとは夢にも思わなかった。
オスは片方の鉗脚が巨大化し、また色が白い。これを振り上げる仕草が白い扇を振っているように見えるのでハクセンシオマネキの名前が付けられたようだ。
臆病なカニで、人の姿を見るなり一斉に巣穴へ逃げていく。
身体を動かさず息を殺して3分くらい待つと、ゆっくりと巣穴から出てきて何事もなかったのように行動を始める。
この習性のせいでその辺にいるのに知らない人も多いのではないだろうか。
生息環境の破壊により生息数が減少していて、環境省レッドリストでは絶滅危惧II類(VU)とされている。

ハクセンシオマネキオスの腹面

<甲幅1.4cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキオスの腹面

ハクセンシオマネキオスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は細長い。

ハクセンシオマネキのメス

<甲幅1.0cm メス 左第4歩脚が欠損> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキのメス

ハクセンシオマネキのメス。
メスはどちらの鉗脚も巨大化しないので簡単に見分けることができる。

ハクセンシオマネキメスの腹面

<甲幅1.0cm メス 左第4歩脚が欠損> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキメスの腹面

ハクセンシオマネキメスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は丸い。

ハクセンシオマネキのオス

<甲幅1.4cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキのオス

ハクセンシオマネキのオス。
オスは片方の鉗脚が巨大化するが、これはどちらが巨大化するか決まっていない。
タイトル写真の個体は右鉗脚が大きいが、この個体は左鉗脚が大きくなっている。

ハクセンシオマネキオスの腹面

<甲幅1.4cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキオスの腹面

ハクセンシオマネキオスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は細長い。

ハクセンシオマネキのオス

<甲幅1.4cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキのオス

ハクセンシオマネキのオス。

ハクセンシオマネキオスの腹面

<甲幅1.4cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ハクセンシオマネキオスの腹面

ハクセンシオマネキオスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は細長い。

巣穴から出てきたハクセンシオマネキのオス

<オス> 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■巣穴から出てきたハクセンシオマネキのオス

巣穴から出てきたハクセンシオマネキのオス。
眼柄が長いので視野が広いと思われる。

食事中のハクセンシオマネキオス

<オス> 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■食事中のハクセンシオマネキオス

食事中のハクセンシオマネキオス。
砂を口に入れ栄養分だけをこしとって食べている。

食事中のハクセンシオマネキオス

<オス> 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■食事中のハクセンシオマネキオス

食事中のハクセンシオマネキオス。
砂を口に入れ栄養分だけをこしとって食べている。

食事中のハクセンシオマネキオス

<オス> 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■食事中のハクセンシオマネキオス

食事中のハクセンシオマネキオス。
砂を口に入れ栄養分だけをこしとって食べている。

ハクセンシオマネキが大量に生息する曽根干潟

2015.7.31. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■ハクセンシオマネキが大量に生息する曽根干潟

福岡県北九州市にある曽根干潟にはハクセンシオマネキが大量に生息している。
この干潟の面積は517ha、国内有数の干潟だ。ここはカブトガニの繁殖地としても知られ、数々の貴重な生物の命をはぐくんでいる。

曽根干潟のハクセンシオマネキ

<オス> 2015.7.31. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■曽根干潟のハクセンシオマネキ

曽根干潟のハクセンシオマネキは大きい。
初めてみたときに感じた印象だった。ここ以外では広島県のハチの干潟でしかみたことがないのだが、ハチの干潟でみるハクセンシオマネキよりも大きく、より白いと感じた。
大きな鉗脚はまさに白い扇のよう。

香港のハクセンシオマネキ

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■香港のハクセンシオマネキ

香港の東涌湾でみられたハクセンシオマネキ。
この個体は大きくて歯のない大鉗脚を持っている。

香港のハクセンシオマネキ

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■香港のハクセンシオマネキ

ハクセンシオマネキには色々なカラーバリエーションがある。
こちらの個体は白っぽく歩脚が赤いタイプ。

香港のハクセンシオマネキ

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■香港のハクセンシオマネキ

ハクセンシオマネキには色々なカラーバリエーションがある。
この個体は大鉗脚は黄色と白、歩脚は赤、背面は茶褐色でまだら模様になっている。
このタイプのは比較的よく目にする。

香港のハクセンシオマネキ

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■香港のハクセンシオマネキ

ハクセンシオマネキには色々なカラーバリエーションがある。
全体が白っぽい個体。

ハクセンシオマネキの喧嘩

<オス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■ハクセンシオマネキの喧嘩

オスの大きな鉗脚はメスに求愛するときに、ウェービングをして使用するものだが、オス同士の争いにも使われる。

ハクセンシオマネキの喧嘩

<メス> 2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■ハクセンシオマネキのメス

メスは鉗脚が両方とも大きくならない。

ハクセンシオマネキの巣穴

2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■ハクセンシオマネキの巣穴

ハクセンシオマネキの巣穴。
ハクセンシオマネキは砂地の場所が好きなようだ。

ハクセンシオマネキの巣穴

2016.8.21. 香港/新界/大嶼島/東涌/東涌湾 

■ハクセンシオマネキの巣穴

ハクセンシオマネキの巣穴。
綺麗な真円をしている。


眼遊記

609 曽根干潟 ~チゴガニのウェービング~
566 Tung Chung Bay ~鳥のエキスパートと回る香港の干潟~
531 Tung Chung Bay ~香港の素晴らしい干潟とそこに生息する生き物たち その2~
526 Tung Chung Bay ~香港の素晴らしい干潟とそこに生息する生き物たち その1~
519 曽根干潟 ~カニを襲うカニ~
518 曽根干潟 ~カブトガニの死骸たち~
511 下白泥 ~香港の干潟~
480 ハチの干潟 ~アシハラガニを狙って~
470 曽根干潟 ~カブトガニの幼生に出会う~
403 ハチの干潟 ~地元にもシオマネキ!?~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。