眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> スナガニ科(Ocypodidae) >> シオマネキ属(Uca)

オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki)

Uca perplexa

オキナワハクセンシオマネキ (Okinawa Hakusen Shiomaneki)

<甲幅1.8cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市

分布:日本海(沖縄県)、台湾、フィリピン、ニューギニア、東インド諸島、ソロモン、フィジー、ニューヘブリデス諸島 <内湾のマングローブ林の砂泥底 汽水~海水域>

初めて訪れた石垣島。
目的のひとつがマングローブ林でシオマネキ類の姿を写真におさめる事だった。
マングローブ林に着くなり眼に飛び込んできた無数のシオマネキ達。
そのほとんどがこのオキナワハクセンシオマネキであった。
黒っぽい甲に白の斑紋、黄色い大鉗脚を持ち、初めてでも簡単に見分けられる種だと思う。
オキナワハクセンシオマネキは以前ハクセンシオマネキの亜種とされていたが、現在は独立した種とされている(亜種とする説もある)。

オキナワハクセンシオマネキオスの腹面

<甲幅1.8cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキオスの腹面

オキナワハクセンシオマネキオスの腹面。
腹側からみると一様に白い。

オキナワハクセンシオマネキの甲

<甲幅1.8cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキの甲

オキナワハクセンシオマネキの甲。
黒いベースに白の斑紋が見られる。
この模様は個体によってパターンが異なる。

オキナワハクセンシオマネキオスの大ハサミ

<甲幅1.8cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキオスの大ハサミ

オキナワハクセンシオマネキオスの大ハサミ。
シオマネキ類のオスは左右どちらかのハサミが巨大化する(大鉗脚)。

オキナワハクセンシオマネキオスの小ハサミ

<甲幅1.8cm・オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキオスの小ハサミ

オキナワハクセンシオマネキオスの小ハサミ。
大きな方のハサミ脚(大鉗脚)はオス同士の闘争などに使われ、小さい方のハサミ脚(小鉗脚)は餌を食べたりするために使われる。

穴から出てくるオキナワハクセンシオマネキのオス

<オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■穴から出てくるオキナワハクセンシオマネキのオス

シオマネキ類は開けた場所に生息しているため、常に捕食者の脅威にさらされている。
そのためとても臆病で人影をみるなり巣穴の中に隠れてしまう。その場に3分くらいじっとしていると再び現れる。
外敵がいないか恐る恐る巣穴から出てくる姿はとても愛らしい。

オキナワハクセンシオマネキのオス

<オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキのオス

オキナワハクセンシオマネキのオス。

オキナワハクセンシオマネキのオス

<オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキのオス

オキナワハクセンシオマネキのオス。

オキナワハクセンシオマネキの争い

<オス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキの争い

オキナワハクセンシオマネキのオス同士が大鉗脚を振り上げて闘争を始めた。
まるで鉗脚をつかって押し合うの相撲の様。
最終的に身体大きな右側の個体に軍配が上がった。

オキナワハクセンシオマネキのメス

<メス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキのメス

オキナワハクセンシオマネキのメス。
メスはオスの様に大きなハサミを持たない。
左右両方とも小さいハサミだ。
両方とも餌を口に運ぶ腕のように使えるため、メスの方が豊かな暮らしをしているのではないだろうか。

オキナワハクセンシオマネキのメス

<メス> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキのメス

オキナワハクセンシオマネキのメス。
両方の鉗脚を使いせっせと食事中。

オキナワハクセンシオマネキとヒメシオマネキ

<オキナワハクセンシオマネキ:甲幅1.8cm・オス、ヒメシオマネキ:甲幅2.3cm・オス>
2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキとヒメシオマネキ

オキナワハクセンシオマネキとヒメシオマネキの大きさを比較してみた。
向かって左側がオキナワハクセンシオマネキ。
ヒメシオマネキの方が2回りほど大きい。

オキナワハクセンシオマネキの生息するマングローブ林

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキの生息するマングローブ林

石垣島にあるオキナワハクセンシオマネキの生息するマングローブ林。
満潮時には一面が水の中に隠れる。

オキナワハクセンシオマネキの生息するマングローブ林

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■オキナワハクセンシオマネキの生息するマングローブ林

石垣島にあるオキナワハクセンシオマネキの生息するマングローブ林。
満潮時には一面が水の中に隠れる。


眼遊記

366 石垣市 ~マングローブ林を探索~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。