眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> テナガエビ科(Palaemonidae) >> シラタエビ属(Exopalaemon)

シラタエビ (Exopalaemon orientis)

Exopalaemon orientis

シラタエビ (Exopalaemon orientis)

<8.3cm・メス抱卵個体> マス網 2006.8.11. 島根県/松江市/福冨町/大橋川

分布:日本(全国)、韓国、台湾、中国 <浅海、汽水湖 汽水域~海水域>
地方名:しらがえび(島根県)、しらかたえび(島根県)

汽水域でみられるテナガエビ科のエビの中でも本種は他の種とは一味変わった風貌なので簡単に見分ける事ができるだろう。
最大の特徴は額角というとさかのような部分。本種は額角が目の上で盛り上がり、反るような形で前に長く伸びている。また第1触角は青くなる。
メスは卵巣が黄緑をしていて、透けて脳みそのようにみえる。婚姻色なのか、成熟したメスの腹部側面には青い斑紋が現れるのも他のエビには見られない面白い特徴だ。

シラタエビの触角

<8.3cm・メス抱卵個体> マス網 2006.8.11. 島根県/松江市/福冨町/大橋川 

■シラタエビの触角

触角の先まで全て一枚の写真に収めようとすると、身体が小さくなってしまう。それだけエビの仲間の触角は長い。
これはレーダーのようなもので、身体の周囲を触角で探り、自分の間合いに不審なものが入ってくると一目散に逃げる。
シラタエビの第1触角は青い色をしている。

シラタエビの卵

<8.3cm・メス抱卵個体> マス網 2006.8.11. 島根県/松江市/福冨町/大橋川 

■シラタエビの卵

抱卵したシラタエビの腹部。
卵は黄緑色をしている。卵に見える小さな黒い点は幼生の眼。
成熟したシラタエビのメスの腹部側面には青い斑紋が現れる事が多い。

宍道湖で漁獲されたシラタエビ

<6.5cm> マス網 2005.11.16. 島根県/松江市/大野町/宍道湖 

■宍道湖で漁獲されたシラタエビ

塩分が海水の1/10程度の宍道湖で漁獲されたシラタエビ。シラタエビは宍道湖でもみられるが、完全に淡水となる流入河川ではみられない。

シラタエビの額角

<6.5cm> マス網 2005.11.16. 島根県/松江市/大野町/宍道湖 

■シラタエビの額角

シラタエビの額角はとても特徴的な形をしている。
眼の上で盛り上がり、反りながら前に長く伸びる。

シラタエビの額角

2005.2.7. 島根県 

■シラタエビの額角

シラタエビの額角はとても特徴的な形をしている。
眼の上で盛り上がり、反りながら前に長く伸びる。

シラタエビ

<6.3cm> マス網 2006.8.11. 島根県/松江市/福冨町/大橋川 

■シラタエビ

大橋川のマス網で漁獲されたシラタエビ。
島根県松江市にある宍道湖と中海をつなぐ大橋川ではよくシラタエビがみられる。

シラタエビの幼エビ

<1.2cm> 手網 2016.7.23. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■シラタエビの幼エビ

全長1.2cmのシラタエビの幼エビ。
これほど小さくてもすでに第1触角が青い。

シラタエビの幼エビ

<1.2cm> 手網 2016.7.23. 福岡県/北九州市/小倉南区/曽根干潟 

■シラタエビの幼エビ

全長1.2cmのシラタエビというと、肉眼では観察するのが困難なほど小さい。

抱卵したシラタエビ

<メス抱卵個体> 2005.6.17. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■抱卵したシラタエビ

抱卵したシラタエビ。
腹肢には黄緑色の卵をぎっしり抱えている。体側にある青い斑紋は婚姻色だろうか。成熟したメスでよくみられる。

シラタエビのメス

<メス> 2005.7.21. 島根県/簸川郡/斐川町/宍道湖 

■シラタエビのメス

シラタエビのメス。
頭胸部に見える黄緑色の脳みそのような部分は卵巣。抱卵するようになるとこの部分の黄緑色はなくなり、腹部に卵で黄緑色になる。
まだ産卵はしていないが、腹部の側面に青い斑紋がみられる。

シラタエビのメスとオス

<メス・オス> 2005.7.21. 島根県/簸川郡/斐川町/宍道湖 

■シラタエビのメスとオス

恐らく成熟した黄緑色の卵巣を持つシラタエビのメスを、2匹のオスが追いかけていた。
メスにみられる体側の青い斑紋、黄緑色の卵巣は生殖ができる合図、すなわち婚姻色ではないだろうかと思う。

シラタエビのメスとオス

<メス・オス> 2005.7.21. 島根県/簸川郡/斐川町/宍道湖 

■シラタエビのメスとオス

執拗にメスを追い回す2匹のオス。

遊泳するシラタエビ

<メス> 2005.8.2. 島根県/松江市/馬潟町/大橋川 

■遊泳するシラタエビ

遊泳するシラタエビ。
離れてみても黄緑色の卵巣と体側の青い斑紋は目立つ。

遊泳するシラタエビ

<メス抱卵個体> 2008.7.23. 島根県/松江市/馬潟町/大橋川 

■遊泳するシラタエビ

遊泳するシラタエビ。
この個体は抱卵している。

シラタエビのメス

<メス> 2008.7.16. 島根県/松江市/野原町/中海本庄工区 

■シラタエビのメス

シラタエビのメス。
黄緑色の卵巣に、体側の青い斑紋からメスだと判断できる。

砂底でみられたシラタエビ

<メス> 2008.6.25. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■砂底でみられたシラタエビ

砂底でみられたシラタエビのメス。
身体が半透明なので、見事に砂の一部となって景色に溶け込んでいる。
派手な黄緑色の卵巣を除けば・・・


写真提供

宍道湖と中海の魚たち
P147

眼遊記

522 曽根干潟 ~トビハゼを撮影~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。