眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> モクズガニ科(Varunidae) >> ヒメアカイソガニ属(Acmaeopleura)

ヒメアカイソガニ (Hime Aka Isogani)

Acmaeopleura parvula

ヒメアカイソガニ (Hime Aka Isogani)

<甲幅1.3cm・オス> 手づかみ 2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町

分布:日本(房総半島以南)、韓国、台湾 小石・礫でできた海岸 海水域

ヒメアカイソガニは小石でできた浜などでみられる小さなカニだ。
石の下にいることが多いので石をめくって探すとよいが、とても小さいのでよく見ないと見逃してしまうほど。
捕まえると、変わったポーズで死んだふりをするのがかわいらしい。
初めて本種を採取したときに、標本写真を撮影するため真水の氷水の中につけておいた。
一緒に入れていたイソガニはすぐに息絶えたのに比べ、ヒメアカイソガニは次の日になっても生きていた。
過酷な環境に対する耐性はかなり強いと思われる。
島根県松江市島根町のとある海岸ではマメアカイソガニアカイソガニと一緒にみられる。この3種はどれも小型で、見分けるポイントを知っていないと同定に苦労するかもしれない。(3種の見分けは徳島県立博物館の研究報告「徳島県の礫浜海岸における四国初記録のキタフナムシとマメアカイソガニ」に詳しく掲載されている。)
3種の見分けを簡単にまとめると以下のとおり。
ヒメアカイソガニは甲の表面に短毛が生えていてマットな質感、歩脚の後縁に剛毛が生えている。
アカイソガニは甲の表面に毛がなくつるっとしていて、歩脚の後縁に毛が生えていない(メスにはわずかに見られるが明らかに少ない)。
マメアカイソガニは甲の表面に毛がなくつるっとしていて、歩脚の後縁に剛毛が生えている。

ヒメアカイソガニオスの腹面

<甲幅1.3cm・オス> 手づかみ 2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■ヒメアカイソガニオスの腹面

ヒメアカイソガニオスの腹面。
通称「ふんどし」と呼ばれる腹部は長細い。

ヒメアカイソガニオスの鋏

<甲幅1.3cm・オス> 手づかみ 2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■ヒメアカイソガニオスの鋏

ヒメアカイソガニオスの鋏。
爪と爪の間に毛が生えているのが特徴。
まるでケフサイソガニのようだ。

ヒメアカイソガニのメス

<甲幅1.1cm・メス> 手づかみ 2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■ヒメアカイソガニのメス

ヒメアカイソガニのメス。
オスに比べると黒っぽく、鋏が小さい。

ヒメアカイソガニのオス

<甲幅1.0cm・オス> 手づかみ 2013.9.5. 島根県/松江市/島根町 

■ヒメアカイソガニのオス

ヒメアカイソガニのオス。
メスに比べると体色が赤く、鋏が大きい。

ヒメアカイソガニオスの腹面

<甲幅1.0cm・オス> 手づかみ 2013.9.5. 島根県/松江市/島根町 

■ヒメアカイソガニオスの腹面

ヒメアカイソガニオスの腹面。

ヒメアカイソガニのメス

<甲幅1.3cm・メス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒメアカイソガニのメス

ヒメアカイソガニのメス。

ヒメアカイソガニメスの腹面

<甲幅1.3cm・メス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒメアカイソガニメスの腹面

ヒメアカイソガニメスの腹面。
通称「ふんどし」と呼ばれる腹部は丸い。

ヒメアカイソガニメスの鋏

<甲幅1.3cm・メス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒメアカイソガニメスの鋏

ヒメアカイソガニメスの鋏。
鋏はオスのものより明らかに小さい。
鋏の先端を除く全体に短毛が生えている。

ヒメアカイソガニのオス

<甲幅1.0cm・オス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒメアカイソガニのオス

ヒメアカイソガニのオス。
メスに比べると体色が赤く、鋏が大きい。

ヒメアカイソガニオスの腹面

<甲幅1.0cm・オス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒメアカイソガニオスの腹面

ヒメアカイソガニオスの腹面。

ヒメアカイソガニのオスとメス

<左:オス 右:メス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒメアカイソガニのオスとメス

ヒメアカイソガニのオスとメスを並べてみた。
左側3尾がオス、右側3尾がメス。左右は甲幅が同じ大きさのものを並べている。
こうして並べると、例外なくオスの鋏はメスの鋏より大きくなることが分かる。
体色はオスの方が赤い。

擬死行動をとるヒメアカイソガニのメス

<メス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■擬死行動をとるヒメアカイソガニのメス

擬死行動をとるヒメアカイソガニのメス。
ヒメアカイソガニはきまって写真のような変わったポーズで擬死行動をとる。
これは他のカニと見分けるときのポイントとなると思う。

擬死行動をとるヒメアカイソガニのメス

<メス> 手づかみ 2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■擬死行動をとるヒメアカイソガニのオス

擬死行動をとるヒメアカイソガニのオス。
ヒメアカイソガニはきまって写真のような変わったポーズで擬死行動をとる。
これは他のカニと見分けるときのポイントとなると思う。

ヒメアカイソガニの生息する環境

2013.7.17. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■ヒメアカイソガニの生息する環境

ヒメアカイソガニの生息する環境。
小石の浜で、波打ち際の石の下に隠れている。

ヒメアカイソガニのオス

<オス> 2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■ヒメアカイソガニのオス

石をめくってみるとヒメアカイソガニがひそいんでいた。
この場所では生息数が多く、手のひら大の大きさの石をめくると3匹みられるほどであった。

石の下に隠れていたヒメアカイソガニ

2013.9.16. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■石の下に隠れていたヒメアカイソガニ

石の下に隠れていたヒメアカイソガニ。
この写真にはヒメアカイソガニが4尾、ヒライソガニが1尾隠れているのが分かるだろうか。
島根県松江市美保関町の海岸ではヒライソガニと共にみられた。


眼遊記

701 島根町 ~タイドプールの生き物~
358 美保関町境水道 ~貝とカニ拾い~
357 島根町 ~3種のアカイソガニ~
337 島根大学隠岐臨海実験所 ~うみうしくらぶ磯の勉強会 Day1~

 

<<前の種

 
カウンター

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。