眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 十脚目(Decapoda)
>> モクズガニ科(Varunidae) >> イソガニ属(Hemigrapsus)

イソガニ (Japanese Shore Crab)

Hemigrapsus sanguineus

イソガニ (Japanese Shore Crab)

<甲幅2.9cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟

分布:日本、韓国、中国、台湾、香港、アメリカ合衆国(ハワイ)、オーストラリア、ニュージーランド 潮間帯の岩礁・砂礫地 海水域

イソガニは小石でできた浜などで普通にみられるカニ。
石の下に潜んでいることが多く、イソガニを探すときは手当たり次第に石をめくるとよい。
隠れ場所がなくなったイソガニは慌てて別の石の下へと逃げていくので、はさまれるのを覚悟で急いでつかまえなければならない。
名前と見た目がイワガニによく似ているので、両種を混同しないよう注意が必要。

イソガニオスの腹面

<甲幅2.9cm オス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■イソガニオスの腹面

イソガニオスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は細長い形をしている。

イソガニのメス

<甲幅3.2cm メス> 手づかみ 2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■イソガニのメス

イソガニのメス。
オスに比べると鉗脚(はさみ)が小さい。模様は雌雄に差がみられない。

イソガニのメス

<甲幅2.1cm メス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■イソガニのメス

イソガニのメス。
オスに比べると鉗脚(はさみ)が小さい。模様は雌雄に差がみられない。

イソガニメスの腹面

<甲幅2.1cm メス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■イソガニメスの腹面

イソガニメスの腹面。
通称ふんどしと呼ばれる腹部は卵を抱えるため丸くなっている。

イソガニメスの腹面

<甲幅2.1cm メス> 手づかみ 2014.5.9. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ウンモンフクロムシに寄生されたイソガニ

イソガニメスの腹部。
通常この場所に卵を抱えるのだが、オレンジ色の部分はどうも卵に見えない。
これはウンモンフクロムシという寄生虫の身体の一部。この寄生虫に寄生されると繁殖することができなくなってしまうらしい。

イソガニの生息する環境

2013.7.17. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■イソガニの生息する環境

イソガニの生息する環境。
この様に小石でできた浜では簡単に見つけることができる。


眼遊記

480 ハチの干潟 ~アシハラガニを狙って~
403 ハチの干潟 ~地元にもシオマネキ!?~
337 島根大学隠岐臨海実験所 ~うみうしくらぶ磯の勉強会 Day1~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。