眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 節足動物門(Arthropoda) >> 軟甲綱(Malacostraca) >> 等脚目(Isopoda)
>> フナムシ科(Ligiidae) >> フナムシ属(Ligia)

キタフナムシ (Ligia cinerascens)

Ligia cinerascens

キタフナムシ (Ligia cinerascens)

<体長38.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町

分布:日本(北海道~鹿児島県)

海へ行くと堤防にびっしりとついたゴキブリのような虫を見かけることがある。この生物はフナムシの仲間で、実は昆虫ではなく、等脚目というダンゴムシやダイオウグソクムシの仲間だ。
日本にはフナムシ属が8種生息しているが、フナムシと並んで広くみられるのが本種キタフナムシ。
あくまで筆者の感覚だが、キタフナムシは岩礁帯の波打ち際に生息していて、日中は石の下や陰でじっとしている。フナムシのように大群で防波堤の壁にびっしりくっついているようなことはないような気がする。夜になるとさかんに活動し、広い範囲を歩き回る。
フナムシとは第2触角の鞭節の数が異なり、この数を数えることで見分けることができる。フナムシの34~48に対し、キタフナムシは22~27と少なく、重複もしない。
参考文献:津下麻樹(2008).島根県宍道湖から発見されたフナムシ属(甲殻綱、等脚目、フナムシ科)の1新種 富山市科学博物館研究報告 31,51-57

歩くキタフナムシ

<体長38.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■歩くキタフナムシ

歩くキタフナムシ。

歩くキタフナムシ

<体長38.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■キタフナムシの頭部

キタフナムシの頭部。

キタフナムシの第2触角

<体長38.7mm> 手づかみ 2018.3.31. 島根県/松江市/島根町 

■キタフナムシの第2触角

キタフナムシの第2触角。
鞭節の数は22~27と、フナムシより少ない。

磯でみられたキタフナムシ

2013.7.16. 島根県/隠岐郡/隠岐の島町 

■磯でみられたキタフナムシ

磯の波打ち際でみられたキタフナムシ。
日中は石の下に隠れている事も多い。


眼遊記

701 島根町 ~タイドプールの生き物~
337 島根大学隠岐臨海実験所 ~うみうしくらぶ磯の勉強会 Day1~

 

<<前の種

 
カウンター

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。