眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> ウナギ目(Anguilliformes)
>> ウミヘビ科(Ophichthidae) >> ダイナンウミヘビ属(Ophisurus)

ダイナンウミヘビ (Dainan Umihebi)

Ophisurus macrorhynchos

ダイナンウミヘビ (Dainan Umihebi)

<91.5cm> 釣り 2003.10.31. 島根県/松江市/鹿島町

分布:日本(本州~九州)、韓国、中国 <水深0~500m 海水域>

マアジを餌にして投げ込み釣りをしていて竿をあげようとしたら動かない。
どうやら根がかりしたみたいだ・・・
糸が切れるのを覚悟し力を入れて引っ張ると「ぬぽっ」。不思議な感触が竿から伝わってくる。
そしてあがってくるのはこの魚。ダイナンウミヘビだ。
ダイナンウミヘビはウミヘビ科の一種。爬虫類のウミヘビではなく魚類のウミヘビなので、毒牙を持たない。
一度食べたことがあるが、小骨が多くて食べにくいというのが印象だった。味はとてもいい。

ダイナンウミヘビの背面

<91.5cm> 釣り 2003.10.31. 島根県/松江市/鹿島町 

■ダイナンウミヘビの背面

ダイナンウミヘビの背面。

ダイナンウミヘビの頭部

<91.5cm> 釣り 2003.10.31. 島根県/松江市/鹿島町 

■ダイナンウミヘビの頭部

ダイナンウミヘビの頭部。
吻がとがって長いのが特徴。ダイナンウミヘビは頭部を見れば簡単に見分けることができる。

ダイナンウミヘビの尾部

<91.5cm> 釣り 2003.10.31. 島根県/松江市/鹿島町 

■ダイナンウミヘビの尾部

ダイナンウミヘビの尾部。
鰭がない多肉質な尾部を使い、尾の方から上手に砂に潜ることができる。
釣りをしていて根がかりしたと勘違いするのはダイナンウミヘビが砂の中に潜っているため。

ダイナンウミヘビ

釣り 2003.6.26. 島根県/出雲市/湖陵町 

■ダイナンウミヘビ

夜釣りで釣れたダイナンウミヘビ。
釣り上げるとワニのデスロールのように体を回転させ続けるため、糸とダイナンウミヘビが複雑に絡まってぐちゃぐちゃになってしまう。

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。