眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> ダツ目(Beloniformes)
>> サヨリ科(Hemiramphidae) >> サヨリ属(Hyporhamphus)

サヨリ (Japanese Halfbeak)

Hyporhamphus sajori

サヨリ (Japanese Halfbeak)

<33.5cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川

分布:日本(北海道~鹿児島県)、韓国、黄海、渤海、ピーター大帝湾 <沿岸の表層 汽水~海水域>

サヨリは日本人になじみ深い魚のひとつだ。
まず名前がいい。サヨリという名前からすらっとした清潔感ある魚というイメージが沸いてくる。これがシャクレウオとか、そういう名前だったらどうだっただろうか。実は学名も Hyporhamphus sajori (Temminck & Schelegel, 1846) となっていて、日本で呼ばれていたサヨリという名前をそのまま使ったものだと思われる。
英名は Japanese Halfbeak (日本のサヨリ)という。英語でサヨリを意味するHalfbeakは半分のくちばしという意味。口を開くと分かるが、サヨリの長い口は下顎だけが伸びているもの。先端の下側は赤くなり美しい。
境水道では夏の夜にライトで水面を照らすと表層を泳ぐサヨリの幼魚がたくさんみられる。生息数はとても多いのではないだろうか。
サヨリは全長40cmにも達するため、食材としても重要。淡泊で美味しく、刺身では銀色の皮を残したまま食べる。ワサビよりも生姜をつけて食べるのが好きだ。

サヨリの口

<33.5cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■サヨリの口

長いサヨリの口だが、よく見ると下顎だけが伸びている事が分かる。

サヨリの下顎の長さ

<33.5cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■サヨリの下顎の長さ

サヨリの下顎は頭部よりも短い。
クルメサヨリでは逆に下顎の方が長くなる。

下からみたサヨリの下顎

<33.5cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■下からみたサヨリの下顎

サヨリの下顎は下からみると赤くなっている。特に先端の方が鮮やか。
表層を泳いで生活しているが、これは下からみたときに何か意味があるのであろうか・・・

サヨリの体表

<33.5cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■サヨリの体表

ギラギラと銀色に輝くサヨリの体表。

サヨリの尾部

<33.5cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■サヨリの尾部

サヨリの尾部。

サヨリの成魚

<34.0cm> 小袋網 2005.4.6. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■サヨリの成魚

サヨリの成魚。

宍道湖で漁獲されたサヨリ

<23.5cm> マス網 2006.9.22. 島根県/簸川郡/斐川町/宍道湖/五右衛門川河口 

■宍道湖で漁獲されたサヨリ

宍道湖で漁獲されたサヨリ。
漁獲された宍道湖西岸は塩分が低く、また五右衛門川の河口なのでほとんど淡水だ。
サヨリもこれほど塩分の低い場所までくることがあり、クルメサヨリと生息域が重複する。

サヨリの幼魚

<18.0cm> 手網 2016.8.12. 鳥取県/境港市/弥生町/境水道 

■サヨリの幼魚

夏の夜、境水道でイシガニを獲っていると、ライトの光に反応してサヨリの幼魚が集まってくる。

サヨリの幼魚

<4.0cm> 手網 2005.5.31. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■サヨリの幼魚

宍道湖岸を泳いでいたサヨリの幼魚を捕まえた。
その大きさは全長4cm。この大きさですでに下顎が長くなっているのが分かる。

サヨリの幼魚

<4.0cm> 手網 2005.5.31. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■サヨリの幼魚

宍道湖岸を泳いでいたサヨリの幼魚を捕まえた。
その大きさは全長4cm。この大きさですでに下顎が長くなっているのが分かる。

サヨリの幼魚

<4.0cm> 手網 2005.5.31. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■サヨリの幼魚

宍道湖岸を泳いでいたサヨリの幼魚を捕まえた。
その大きさは全長4cm。この大きさですでに下顎が長くなっているのが分かる。

サヨリの幼魚

<4.0cm> 手網 2005.5.31. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■サヨリの幼魚

下顎の先端をよくみると赤くなっている。
この特徴が出ていなければクルメサヨリかサヨリか分からずじまいだったかもしれない。

水中のサヨリ幼魚

2006.6.16. 島根県/松江市/八束町/江島/中海/本庄工区 

■水中のサヨリ幼魚

水中のサヨリ幼魚。


眼遊記

523 境港市 ~カニ網に挑戦~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。