眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> コイ目(Cypriniformes)
>> コイ科(Cyprinidae) >> Semotilus属(Semotilus)

クリークチャブ (Creek Chub)

Semotilus atromaculatus

クリークチャブ (Creek Chub)

<12.5cm> 釣り 2010.7.11. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハンバー森林公園

分布:アメリカ合衆国(東部)、カナダ(南東部) <淡水域>

人生で一度だけ釣ったことがある魚。
釣りをしていると、意外にそういう魚は多い。
クリークチャブはトロントに住んでいるときに一度だけ釣りあげた魚だ。
本種は北アメリカ大陸東部に生息するコイ科の淡水魚。
頭部から尾部にかけ紺色の縦帯がみられ、日本のカワムツにとても雰囲気が似ている。
チャブとはコイ科の円筒状の魚に広く付けられている名前。ぽっちゃりのことを英語で「Chubby(チャビー)」というが、もしかしたら語源はこのチャブのことかも知れない。

クリークチャブの頭部

<12.5cm> 釣り 2010.7.11. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハンバー森林公園 

■クリークチャブの頭部

クリークチャブの頭部。
クリークチャブは雑食性で、昆虫、小魚、水草、藻類などさまざまなものを食べる。

クリークチャブの尾部

<12.5cm> 釣り 2010.7.11. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハンバー森林公園 

■クリークチャブの尾部

クリークチャブの尾部。
体側にある紺色の縦帯が特徴的だ。

クリークチャブが生息する池

2010.7.11. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハンバー森林公園 

■クリークチャブが生息する池

クリークチャブを釣り上げたトロントにあるハンバー森林公園の池。
クリークチャブは1匹しか釣れず、グリーンサンフィッシュばかりが釣れた。

 

眼遊記

082 Humber Arboretum ~カナダ初フィッシング~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。