眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> カワカマス目(Esociformes)
>> カワカマス科(Esocidae) >> カワカマス属(Esox)

ノーザンパイク (Northern Pike)

Esox lucius

ノーザンパイク (Northern Pike)

<92.0cm・口部奇形個体> 釣り 2010.9.6. カナダ/オンタリオ州/ムスコカ

分布:アメリカ合衆国(アラスカ、東北部)、カナダ、ヨーロッパ、ユーラシア大陸(亜寒帯) 川や湖沼 淡水域~汽水域
地方名:Pike/パイク(アメリカ合衆国、カナダ)

カナダに住んでいた頃、日本に戻る前に絶対写真を撮っておきたいと思っていたのがパイクことノーザンパイク。
ノーザンパイクはカワカマス目カワカマス科の魚で、この仲間は日本には生息していない。我々日本人からすると得体の知れない不思議な魚といった感覚を持つ。
ノーザンパイク全長1mを超すことも珍しくないほど大きな魚で魚食性が強く、北米ではゲームフィッシュとして強い人気がある。
カナダにいたころお世話になった家族に連れられて行ったオンタリオ州のムスコカ。
ここで自分たちではなく、遠くで釣りをしていた地元の青年の竿にノーザンパイクがかかった。
走って駆けつけ、魚を横取りし、無事写真を撮影することができた。92cmの大物だった。
しかしよくみると口元がおかしい。下あごが裂けている。
どうやらこの個体は以前ルアー釣りで引っかかってしまい、そのときに大けがをおってしまったようだ。
これほどまでに酷い姿になりながらもここまで懸命に生きてきたことには敬意を表したいと思ったし、また自分たちが楽しみのために行っている「釣り」が魚にとっていかに残酷なことかを思い知らされた。

ノーザンパイクの体表

<92.0cm・口部奇形個体> 釣り 2010.9.6. カナダ/オンタリオ州/ムスコカ 

■ノーザンパイクの体表

ノーザンパイクの体表。
褐色で独特の模様が特徴。
鱗はとてもしっかりとしていて剥がれにくい。

ノーザンパイクの歯

<92.0cm・口部奇形個体> 釣り 2010.9.6. カナダ/オンタリオ州/ムスコカ 

■ノーザンパイクの歯

鋭い犬歯がずらりと並ぶノーザンパイクの歯。
釣り上げたノーザンパイクはフィッシュグリップという道具を使い魚の口にひっかけて持ち上げる。
間違えてバス持ちなんてしてしまうと血まみれになるだろう。

口が裂けてしまっているノーザンパイク

<92.0cm・口部奇形個体> 釣り 2010.9.6. カナダ/オンタリオ州/ムスコカ 

■口が裂けてしまっているノーザンパイク

異様な顔つきだが、これは口が裂けてしまった奇形個体。
ゲームフィッシングのターゲットとして狙われていること、口を怪我していることから、この個体はかつてルアーにかかり、杭などの障害物に絡まってしまったものだと思われる。最後の力を振り絞って口をちぎって脱出し、生き残ったのだろう。
釣りをする者としては考えさせられる一枚。

ノーザンパイクの尾部

<92.0cm・口部奇形個体> 釣り 2010.9.6. カナダ/オンタリオ州/ムスコカ 

■ノーザンパイクの尾部

ノーザンパイクの尾部。

 

眼遊記

099 Muskoka ~巨大魚をみた~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。