眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> テンジクダイ科(Apogonidae ) >> ヤライイシモチ属(Cheilodipterus)

リュウキュウヤライイシモチ (Large Toothed Cardinalfish)

Cheilodipterus macrodon

リュウキュウヤライイシモチ (Large Toothed Cardinalfish)

<13.0cm> 釣り 2013.11.17. 沖縄県/石垣市

分布:日本(伊豆諸島・和歌山県・愛媛県・屋久島以南)、台湾、インドー太平洋、紅海 サンゴ礁・岩礁域 海水域

小さくてかわいらしいテンジクダイ科の中でも、犬歯を持ち恐ろしい面構えをしたグループがいる。
ヤライイシモチ属と呼ばれるグループだ。
リュウキュウヤライイシモチは尾鰭基底付近が黒ずんでいるのが特徴。
夜間撮影でストロボを使用したために体側が光ってしまった。本当は体側に縦線が並んでいる。

リュウキュウヤライイシモチの頭部

<13.0cm> 釣り 2013.11.17. 沖縄県/石垣市 

■リュウキュウヤライイシモチの頭部

リュウキュウヤライイシモチの頭部。
小魚なのに犬歯がずらりと並んでいて、違和感を覚える。

リュウキュウヤライイシモチの頭部

<13.0cm> 釣り 2013.11.17. 沖縄県/石垣市 

■リュウキュウヤライイシモチの尾部

リュウキュウヤライイシモチの尾鰭基底は黒ずんでいるのが特徴。
良く似たスダレヤライイシモチの成魚ではここが白くなる。

 

眼遊記

364 石垣市 ~まずは夜釣りだ~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。