眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> イソギンポ科(Blenniidae) >> ナベカ属(Omobranchus)

トサカギンポ (Tosaka Ginpo)

Omobranchus fasciolatoceps

トサカギンポ (Tosaka Ginpo)

<5.5cm> 潜水 2005.9.16. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖

分布:日本(富山県~熊本県)、台湾、中国(福建省)、香港 <内湾や河口の岩礁 汽水域~海水域>
地方名:ばばちゃん(島根県)

トサカギンポはその名のとおり、とさかを持った魚。
近似種でとさかのある魚はいないので、簡単に見分けることができる。
低塩分にも適応し、塩分が海水の1/4程度の島根県宍道湖にも生息している。ただし、宍道湖内で大型個体は見られないので、成長に伴って回遊している可能性がある。
人間を恐れないので、ゆらゆらと漂うように移動する愛らしい姿を間近でみることができる。

トサカギンポのトサカ

<5.5cm> 潜水 2005.9.16. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■トサカギンポのトサカ

立派なトサカを持ったトサカギンポ。
トサカはよく目立つので同定のポイントとなる。

トサカギンポ

<6.3cm> 潜水 2007.1.23. 島根県/松江市/上宇部尾町/中海本庄工区 

■トサカギンポ

トサカギンポ。
海流により南から暖かい水が流れる海と異なり、冬場の湖は非常に水温が低い。
特に浅場は外気とほぼ同じ水温になり、宍道湖や中海では水温が3℃程度まで下がることもある。
そんな中トサカギンポは石の下などでじっとして水温が高くなる春を待つ。

水中のトサカギンポ

水深0.5m 2006.7.10. 島根県/松江市/野原町/中海本庄工区 

■水中のトサカギンポ

水中のトサカギンポ。こちらの様子を伺っている。左側に写っている海草はカワツルモ。

水中のトサカギンポ

水深0.5m 2005.7.27. 島根県/安来市/論田町/中海 

■水中のトサカギンポ

水中のトサカギンポ。

水中のトサカギンポ

水深0.5m 2005.7.27. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■水中のトサカギンポ

カメラに近づいてくれたトサカギンポ。

水中のトサカギンポ

水深2m 2008.7.9. 島根県/松江市/東津田町/大橋川 

■水中のトサカギンポ

島根県の宍道湖と中海を結ぶ大橋川でみつけたトサカギンポ。

カキ殻に隠れるのトサカギンポ

水深0.5m 2006.5.15. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■カキ殻に隠れるのトサカギンポ

トサカギンポはカキ殻が好きなようだ。
カキ殻を水中につけておき、数日して引き上げるとトサカギンポなどが入っていることがある。

穴に隠れるのトサカギンポ

水深0.5m 2008.7.16. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■穴に隠れるのトサカギンポ

危険を感じ穴の中へ隠れたトサカギンポ。

穴に隠れるのトサカギンポ

水深0.5m 2008.7.16. 島根県/松江市/東本町/大橋川 

■穴に隠れるのトサカギンポ

おしり隠してトサカ隠さず。

トサカギンポの婚姻色

<飼育個体> 2009.4.18. 島根県/中海産 

■トサカギンポの婚姻色

婚姻色の表れたトサカギンポ。
紫がかった体色になり、背びれに斑紋がみられる。


写真提供

釣魚1400種図鑑
松江・安来ふるさと大百科
宍道湖と中海の魚たち
 
P270
P48
P110
 

眼遊記

531 Tung Chung Bay ~香港の素晴らしい干潟とそこに生息する生き物たち その2~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。