眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> アジ科(Carangidae) >> ブリ属(Seriola)

ヒラマサ (Yellowtail Amberjack)

Seriola lalandi

ヒラマサ (Yellowtail Amberjack)

<62.0cm> 釣り 2003.11.16. 島根県/松江市/島根町

分布:日本(北海道南部以南)、太平洋、インド洋

ヒラマサは太平洋からインド洋に広く生息するアジ科最大の魚だ。
Fishbaseという魚類のデータベースでは最大の全長は250cm、体重96.8kgとされている。恐ろしい程の大きさ。
とても大きくなり、引きがすごく、その上とても美味い魚なので、釣り魚としての人気は高い。
滅多に釣れないあこがれの魚だ。
島根町で釣りをしているときのこと、防波堤でタル釣りをしている男性の竿が大きくしなった。
魚はものすごいスピードで泳いでいる。
何を釣ったのだろうと見ていたら、ヒラマサが釣れていた。
走って駆け寄り、初対面の釣り人から魚を奪って夢中で撮影した。
姿はブリと非常に良く似ているが、一般的に味はヒラマサの方が美味いといわれているようだ。
ヒラマサには3つの亜種が知られている。
  ■  Seriola lalandi dorsalis (California Yellowtail)・・・北アメリカ大陸西岸に生息。
  ■  Seriola lalandi lalandi (Kingfish)・・・ オーストラリア、ニュージーランドに生息。
  ■  Seriola lalandi aureovitta (Asian Yellowtail)・・・日本のヒラマサ。アジアに生息。

ヒラマサの口

<62.0cm> 釣り 2003.11.16. 島根県/松江市/島根町 

■ヒラマサの口

ヒラマサは同属のブリとよく似ている。
上主上顎骨(唇のように見える部分)の角が丸みを帯びていればヒラマサ、角ばっていればブリだ。

ヒラマサが回遊する磯

2012.12.13. 島根県/松江市/島根町 

■ヒラマサが回遊する磯

ヒラマサが回遊する日本海の磯。

ヒラマサの握り

2016.8.3. 島根県/松江市/大鯛寿司 

■ヒラマサの握り

ヒラマサの握り。
美味しい寿司屋さんのヒラマサの握りは極上。ブリよりも評価は高い。

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。