眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> ハゼ科(Gobiidae) >> ヒメハゼ属(Favonigobius)

ヒメハゼ (Sharp-nosed Sand Goby)

Favonigobius gymnauchen

ヒメハゼ (Sharp-nosed Sand Goby)

<7.2cm・オス> 手網 2018.4.29. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟

分布:日本(青森県以南)、韓国(西岸・南岸)、中国(河北省) <内湾・河口域 汽水域>

ヒメハゼは汽水域でみられる小さなハゼ。
汽水域と言っても淡水に近い汽水から海水に近い汽水まで様々だが、本種がみられるのはほとんど海水で淡水の影響のある場所にあたる。
干潮時の干潟のタイドプールなどでもみられ、過酷な環境にもたくましく適応している。

ヒメハゼの頭部

<7.2cm・オス> 手網 2018.4.29. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヒメハゼの頭部

ヒメハゼの頭部。

ヒメハゼオスの第1背鰭

<7.2cm・オス> 手網 2018.4.29. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヒメハゼオスの第1背鰭

ヒメハゼオスの第1背鰭は第2軟条が長く伸びる。メスでは長くならない。

背面から見たヒメハゼ

<7.2cm・オス> 手網 2018.4.29. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■背面から見たヒメハゼ

背面から見たヒメハゼ。

背面から見たヒメハゼ

<8.0cm・オス> 釣り 2004.5.29. 鳥取県/境港市/境水道 

■ヒメハゼのオス

境水道で採取したヒメハゼのオス。

ヒメハゼのメス

<4.2cm・メス> カゴ 2006.7.14. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■ヒメハゼのメス

ヒメハゼのメス。
第1背鰭の軟条は長くならない。

ヒメハゼが生息する干潟

2018.4.29. 広島県/竹原市/竹原町/ハチの干潟 

■ヒメハゼが生息する干潟

干潮時にできたタイドプールでたくさんのヒメハゼがみられた。。


写真提供

釣魚1400種図鑑
宍道湖と中海の魚たち
P291
P117

眼遊記

 

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。