眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> ハゼ科(Gobiidae) >> トビハゼ属(Periophthalmus)

ミナミトビハゼ (Barred Mudskipper)

Periophthalmus argentilineatus

ミナミトビハゼ (Barred Mudskipper)

<4.8cm> 手網 2013.11.18. 沖縄県/石垣市

分布:日本(種子島以南)、インドー西太平洋、サモア諸島 マングローブ域・内湾の干潟・河口域 汽水域
地方名:とんとんみー(沖縄県)

石垣島のある沖縄県には「とんとんみー」という魚がいる。標準和名はミナミトビハゼ。
ミナミトビハゼは普通の魚と全く違い半陸性の魚。水から上がり、ぴょんぴょんと泥の上を飛んでいく。
胸鰭は半陸性に適応し、まるでカエルの前脚のよう。
人の姿を見ると驚いてぴょんぴょんと飛び跳ねながら遠くへ逃げていく。

ミナミトビハゼの背面

<4.8cm> 手網 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの背面

背面から見たミナミトビハゼ。

ミナミトビハゼの頭部

<4.8cm> 手網 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの頭部

半陸上生活をするミナミトビハゼは眼が頭の上部についている。

ミナミトビハゼの第1背鰭

<4.8cm> 手網 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの第1背鰭

ミナミトビハゼの第1背鰭。
前方がとがり、黒帯がみられるのがミナミトビハゼの特徴。トビハゼと見分けるときにここを見るとよい。
写真の個体は黒帯が前方に少ししかみられず、典型的なものではないので注意。
典型的な個体は黒帯が後半まで真っ直ぐ伸びる。

ミナミトビハゼの胸鰭

<4.8cm> 手網 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの胸鰭

ミナミトビハゼの胸鰭。
陸上を歩くときに使う。
基部はまるで肩のように筋肉が発達していて、胸鰭が腕のように見える。

ミナミトビハゼの巣穴

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの巣穴

ミナミトビハゼの巣穴。
2つの巣穴は泥の中でUの字状につながっている。

巣穴から顔を出すミナミトビハゼ

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■巣穴から顔を出すミナミトビハゼ

巣穴から顔を出すミナミトビハゼ。
魚は水の中に住む生き物だという固定観念を持っていると驚かされる。

巣穴から顔を出すミナミトビハゼ

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■巣穴から顔を出すミナミトビハゼ

巣穴から顔を出すミナミトビハゼ。
とても可愛らしい。

ミナミトビハゼ

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼ

ミナミトビハゼ。
泥の上を移動するミナミトビハゼ。

ミナミトビハゼの生息するマングローブ林

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの生息するマングローブ林

石垣島にあるミナミトビハゼの生息するマングローブ林。
満潮時には一面が水の中に隠れる。

ミナミトビハゼの生息するマングローブ林

2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミナミトビハゼの生息するマングローブ林

石垣島にあるミナミトビハゼの生息するマングローブ林。
さまざまな生物が生息するこのマングローブ林は我々の宝だ。


眼遊記

444 沼津港深海水族館 ~日本一の深海水族館~
366 石垣市 ~マングローブ林を探索~

 

<<前の種

 
カウンター

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。