眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> ベラ科(Labridae) >> ホンベラ属(Halichoeres)

ミツボシキュウセン (Threespot Wrasse)

Halichoeres trimaculatus

ミツボシキュウセン (Threespot Wrasse)

水深1.0m 2013.2.24. 沖縄県/国頭郡/恩納村

分布:日本(伊豆諸島、静岡県以南の太平洋側、屋久島、琉球列島、尖閣諸島)、台湾、中国(福建省、広東省) <砂礫・岩礁・サンゴ礁域 海水域>

2月、沖縄の海で体験ダイビングをしたとき、一番近くにきてくれたのがミツボシキュウセンだった。
頭部だけ見るとキュウセンに良く似ているが、尾鰭基部付近に大きな黒い斑紋があるので簡単に見分けることが出来る。
ちなみにキュウセンキュウセン属に属し、本種とは属レベルで異なる。
幼魚や若魚は白く体側に模様はみられないので別の魚の様に見える。

ミツボシキュウセン

水深1.0m 2013.2.24. 沖縄県/国頭郡/恩納村 

■ミツボシキュウセン

様々な魚がいる中、ミツボシキュウセンは人間を恐れずに近づいてきてくれた。

ミツボシキュウセン

水深1.0m 2013.11.18. 沖縄県/石垣市 

■ミツボシキュウセン

尾鰭基部付近の黒斑が非常によく目立つ。
大きな黒斑は目玉を連想させ、捕食者の攻撃を頭部からそらす効果があるといわれている。

ミツボシキュウセンの若魚

水深1.0m 2013.2.24. 沖縄県/国頭郡/恩納村 

■ミツボシキュウセンの若魚

ミツボシキュウセンの若魚。
身体は白っぽい。もっと若い個体でもさらに白さが目立つ。

ミツボシキュウセンのいる海

2013.2.24. 沖縄県/国頭郡/恩納村 

■ミツボシキュウセンのいる海

初めて潜った沖縄の海。
水がとても綺麗で最高の体験だった。


眼遊記

365 石垣市 ~珊瑚礁でシュノーケリング~
310 恩納村 ~沖縄ダイビング~

 

<<前の種

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。