眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> スズキ科(Percichthyidae) >> スズキ属(Lateolabrax)

スズキ (Japanese Seabass)

Lateolabrax japonicus

スズキ (Japanese Seabass)

<60.0cm> 釣り 2005.4.25. 島根県/松江市/宍道湖

分布:日本、韓国
地方名:せいご(幼魚)(全国)、ちゅうはん(30cm~60cm)(島根、鳥取)

スズキは日本、韓国に生息する大型の海水魚だ。
海水から汽水に広く適応するため、沿岸で漁獲されることが多い。ときには完全な淡水域でもみられることがある。さまざまな塩分に対応することができるようだ。
本種は古来より日本人に親しまれてきた魚。沿岸に生息するため漁業が発達していなかった昔でも比較的簡単に漁獲することができたからだろう。
幼魚はそれほど美味しくはないが、60cm級になると脂がのり、あっさりとした白身を刺身でいただくと極上の味。
スズキは肉食性のため、ルアーフィッシングでもよく狙われる。針にかかると通称「エラ洗い」と呼ばれる豪快なジャンプ、そして頭部を激しく振る行動をとり、口にかかった針を外そうとする。魚の動きにあわせて上手く竿を操らないと逃げられてしまう。
筆者が島根で釣りにのめりこんだのはこのスズキのおかげ。大学の後輩と釣りでもしてみようと松江市の中心を流れる大橋川へ行ったときのこと。なかなかルアーをうまく投げられない後輩から竿を取り上げルアーの投げ方を見せると、いきなり50cmオーバーのスズキを釣ってしまった。それ以来狂ったようにルアーを持って大橋川に通った。
宍道湖では「宍道湖七珍」と呼ばれる7種類魚介類が有名だが、本種もその中の一つ。また「中海十珍」の中にも入っている。
スズキは成長するとその大きさによって名前が変わる出世魚として有名だが、筆者の住む宍道湖・中海周辺ではセイゴ(30cmまで)→チュウハン(60cmまで)→スズキ(60cm以上)と呼ばれている。その呼び名は日本各地で異なるようだ。
筆者の携わった成魚の胃内容物調査では、宍道湖で漁獲された個体はシラウオの幼魚など、中海で漁獲された個体はケフサイソガニなどの甲殻類を多く捕食していた。これらからスズキは遊泳している魚から岩の間にいる甲殻類まで、その場で捕食しやすいものを餌としているようだ。
近年、スズキと比べて成長が早く出荷までの時間を短縮することができるという理由で、中国原産のタイリクスズキという魚が本種の代用として各地で養殖されるようになった。しかも養殖された個体が逃げ出し、野生で頻繁にみられる事態となっている。まだ再生産(日本で繁殖する)は確かめられてはいないが、この魚が増えてしまうと食性の同じスズキは生存競争に敗れ個体数を激減させてしまう可能性がある。これ以上豊かな日本の魚類相に悪影響をおよぼすようなことはやめてほしい。

スズキの頭部

<50.0cm> 釣り 2005.6.1. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■スズキの頭部

スズキの口は上向きについており、自分より上を泳ぐ魚を捕らえるのに有利な形になっている。
鋭い犬歯は生えていない。

スズキの鋭い頬

<51.0cm> マス網 2005.3.3. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■スズキの鋭い頬

スズキの頬の縁はノコギリ状の鋭い棘が並んでいる。スズキ釣りではエラ洗いしたときにここで糸を切られてしまうこともあるという。
生きたスズキを素手で触るときは特にこの部分に注意した方がよい。

大きなスズキの口

<82.5cm 4.6kg> マス網 2005.12.7. 島根県/安来市/中海 

■大きなスズキの口

スズキの大きな口。この口を使って餌を丸呑みにする。

ルアーで漁獲されたスズキ

<38.5cm> 釣り 2004.11.6. 島根県/松江市/八束町/中海 

■ルアーで漁獲されたスズキ

ルアーに非常によく反応するため、ルアー釣りの対象魚として非常に人気が高い。

4.6kgのスズキ

<82.5cm 4.6kg> マス網 2005.12.7. 島根県/安来市/中海 

■4.6kgのスズキ

島根県中海で漁獲された4.6kgのスズキ。
このくらいの大きさになると極上の味。

スズキの若魚

<22.0cm> マス網 2004.4.16. 島根県/松江市/八束町/中海 

■スズキの若魚

スズキの若魚はセイゴと呼ばれる。
背面や背鰭に黒い斑点がみられるのが特徴だ。

スズキの稚魚

<2.2cm> マス網 2004.4.20. 島根県/松江市/中海 

■スズキの稚魚

網目の細かいマス網で漁獲されたスズキの稚魚。
春に生まれた稚魚は1年で約20cmに成長する。

スズキとヒラスズキの幼魚

<18.5cm> マス網 2005.9.9. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■スズキとヒラスズキの幼魚

島根県の沿岸では、幼魚が同属のヒラスズキと混泳していることがある。
写真は同じ場所で同時に漁獲された同じ全長の2種を並べたもの。上がスズキで下がヒラスズキ
体高、尾柄の幅などが異なることが良く分かる。
両種を見分けるときの一つの形質として、背鰭軟条数(背鰭の軟かいすじの数)がある。一般的にスズキは12~14本、ヒラスズキは15~16本であることが多い。

スズキの下顎

<60.0cm> 釣り 2005.4.25. 島根県/松江市/宍道湖 

■スズキの下顎

同属のヒラスズキとの見分けに使われるひとつの形質として、下あごにある鱗があげられる。
ヒラスズキの成魚には下顎に鱗がみられるが、スズキの場合は成魚になっても下顎に鱗はみられない。

スズキの下顎

<35.5cm> 刺し網 2006.2.6. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■側湾症のスズキ

脊骨がぐねぐね曲がってしまう側湾症を発症したスズキ。
養殖のブリに発生した側湾症はMyxobolus buriという粘液胞子虫に寄生されたことが原因だとされている。

スズキの幼魚

2006.8.2. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■スズキの幼魚

宍道湖の浅瀬を泳いでいたスズキの幼魚。

スズキによっておこったナブラ

2005.6.15. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■スズキによっておこったナブラ

朝、宍道湖を見ると水面にナブラができていた。
たまにギラッと光る銀白色の大型魚類はスズキで間違いないだろう。何かの魚がスズキの群れに追われているようだ。
こういうときにルアーを投げると簡単に釣れるらしいが、こういうときに限って道具を持っていない・・・

スズキの姿造り

2005.12.7. 島根県/松江市/宍道湖産 島根県/松江市 

■スズキの姿造り

スズキの刺身はあっさりとした白身で非常に美味。
醤油に飽きたらポン酢がおすすめ。いくらでも食べられる。

スズキの姿造り

2016.8.3. 島根県/松江市/大鯛寿司 

■スズキの握り

塩がふられたスズキの握り。醤油はつけず、そのままで。
透き通る様にあっさりとした身にほのかに甘味を感じられる最高の一品。

スズキの奉書焼き

2005.5.12. 島根県/松江市 

■スズキの奉書焼き

すもうあしこし。これは島根県の宍道湖七珍を覚えるための語呂合わせだ。
宍道湖七珍はスズキ、ヨシエビ(もろげえび)、ウナギ、ワカサギ(あまさぎ)、ヤマトシジミ(しじみ)、コイ、シラウオ。
松江では、スズキの奉書焼きという、和紙に包んで焼く料理が有名という事になっている。しかし残念なことに名ばかり名物で、松江市民はこの料理を食べないし、これを提供してくれる料理店もほとんどない。
昆布と一緒に蒸し焼きのようになった奉書焼きは癖のないスズキの身と相性がよく、とても美味しい。

 

写真提供

宍道湖と中海の魚たちボードゲーム
松江・安来ふるさと大百科
宍道湖と中海の魚たち
汽水湖 中海に生きる生物たち
P40
表紙,P56,57,58,59
P30

 

眼遊記

271 出雲市 ~キス入れ食い~
177 呉市 ~誕生日プレゼント~
123 呉市 ~父親になった日に行くシーバス釣り~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。