眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> サバ科(Scombridae) >> グルクマ属(Rastrelliger)

グルクマ (Indian Mackerel)

Rastrelliger kanagurta

グルクマ (Indian Mackerel)

<31.0cm> 釣り 2013.11.20. 沖縄県/石垣市

分布:日本(屋久島以南)、中国(広東省)、インド、西太平洋 沿岸表層 海水性

沖縄県では「ぐるくん」標準和名タカサゴが県の魚にもされ有名だが、本種はグルクマ。
響きが良く似ているので、沖縄での呼び名がそのまま標準和名となったのかと思ったが、そのとおりのようだ。
サバ科の魚だけあって、小さくてもよく引き、なかなかタフな魚。
小魚の他に、プランクトンなどを泳ぎながら鰓耙と呼ばれる器官でこしとって食べる。

大きく開くグルクマの口

<31.0cm> 釣り 2013.11.20. 沖縄県/石垣市 

■大きく開くグルクマの口

プランクトンなどを泳ぎながら濾過するように食べる性質からか、グルクマの口は大きくそしてよく開く。

グルクマの頭部

<31.0cm> 釣り 2013.11.20. 沖縄県/石垣市 

■グルクマの頭部

グルクマの頭部。

グルクマの鰓耙

<31.0cm> 釣り 2013.11.20. 沖縄県/石垣市 

■グルクマの鰓耙

プランクトンをこしとって食べるため、鰓耙と呼ばれる器官がよく発達している。

グルクマの体側

<31.0cm> 釣り 2013.11.20. 沖縄県/石垣市 

■グルクマの体側

グルクマの体側。
胸鰭付近に黒斑があるのがグルクマの特徴だ。

グルクマの背面

<31.0cm> 釣り 2013.11.20. 沖縄県/石垣市 

■グルクマの背面

グルクマの背面。
サバ科特有の模様がなんともいえない。とてもかっこいい魚だ。


眼遊記

372 石垣市 ~最後のあがき~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。