眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> ハタ科(Serranidae) >> マハタ属(Epinephelus)

キジハタ (Hong Kong Grouper)

Epinephelus akaara

キジハタ (Hong Kong Grouper)

<26.5cm> マス網 2004.5.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道

分布:日本(青森県・神奈川県以南)、韓国、台湾、中国(福建省) <水深5~25mの沿岸の岩礁 海水域>
地方名:あかみず(島根県)、あこう(広島県、大阪府)

キジハタは日本、朝鮮半島南部、中国、台湾の沿岸に生息するハタ科の魚だ。
最大で全長60cm程度と、ハタ科の魚にしてはそれほど大きくはならない。
広島では「あこう」、島根では「あかみず」と呼び、防波堤から狙える魚の中でも一番おいしい魚なので非常に人気が高い。
数が少ないため、滅多にお目にかかることはないが、島根のスーパーだと30cm程度のキジハタ1匹が2,500円~3,500円で売られている。
かなりの高級魚だ。
どう料理してもびっくりするくらいおいしいが、特に美味いのが薄造り。魚は死んでしばらくすると死後硬直(筋肉が緊張して硬くなってしまうこと)が始まる。こうなると身がゴリゴリで、あまり旨みが感じられない。そこで締めてから死後硬直までの間に食べる。魚の刺身では間違いなく最上級にランクされる極上の味が味わえる。 身には弾力があり、旨みは非常に強く、すき透るような透明感がある。そのため活魚は驚くほどの高値で取引されるという。

キジハタの頭部

<26.5cm> マス網 2004.5.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■キジハタの頭部

キジハタの頭部。
散りばめられた朱色の点が非常に美しい。ウミウシ類をはじめ、海の生物のデザインは本当に斬新で見ていて楽しい。

初めて釣ったキジハタ

<28.0cm> 釣り 2001.11.24. 島根県/松江市/島根町 

■初めて釣ったキジハタ

島根で本格的に釣りを始めた頃、活アジの泳がせ釣りで釣れていたキジハタ。
初めてのキジハタだったので、釣り上げたときのの嬉しさは今でも鮮明に覚えている。
生命力がとても強く、切り落とした頭部が30分ほど生きていた。

キジハタの若魚

<16.5cm> 釣り 2008.9.27. 島根県/松江市/島根町 

■キジハタの若魚

キジハタの若魚。特徴である背中の黒斑がよく目立っている。
最高に美味い魚だが、さすがに小さすぎるのでリリースした。
次に出会うのはいつになるやら。

キジハタの寄生虫

<16.5cm> 釣り 2008.9.27. 島根県/松江市/島根町 

■キジハタの寄生虫

キジハタの背部に寄生していた寄生虫。得体の知れぬ奇妙な姿だが、これでもなんと甲殻類の1種。橈脚亜綱、ペンネラ科のLernaeenicus ramosusという種になる。
頭部は皮膚の内側まで入り込んでおり、力を入れないと外れないほど。
この手の寄生虫は人間に寄生することはないので、虫を取り除いて魚体だけ食べれば問題はない。
Lernaeenicus ramosusは2004年に島根県西部で大量発生し、ハタ科魚類に多くみられた。島根県水産試験場の資料では島根県浜田市場での調査において、2004年11月にキジハタへの寄生率が76%にもなったという。

キジハタに寄生していたLernaeenicus ramosus

キジハタに寄生 2008.9.27. 島根県/松江市/島根町 

■キジハタに寄生していたLernaeenicus ramosus

キジハタに寄生していたLernaeenicus ramosus
頭部は複雑に枝分かれしており、キジハタの表皮から体内にイカリの様に食い込んでいる。

体色の濃いキジハタ

<22.0cm> 釣り 2012.9.11. 島根県/松江市/美保関町 

■体色の濃いキジハタ

テトラで釣りをしていたおっちゃんにもらったキジハタ。
体色が濃い目。

キジハタの体表

<22.0cm> 釣り 2012.9.11. 島根県/松江市/美保関町 

■キジハタの体表

キジハタはオレンジの水玉模様が特徴的。
この模様のパターンが大好きだ。

キジハタ

<23.0cm> 釣り 2012.9.14. 島根県/松江市/島根町 

■キジハタ

夜釣りで釣り上げたキジハタ。
引きが強く、食べて最高のキジハタは波止場釣りの最高のターゲット。

キジハタ

2013.7.26. 広島県/呉市/蒲刈町 

■キジハタの活造り

キジハタの活造り。
他の魚にはないプリプリとした弾力、甘く感じるほどの旨み、もちろん魚特有のクセなど全くなく、誰もが美味いというに違いない極上の味わいだ。

キジハタの煮付け

2014.5.8. 広島県/呉市/蒲刈町 

■キジハタの煮付け

キジハタの煮付け。
身がプリプリのキジハタは煮付けにしても極上の味。

水中のキジハタ幼魚

2013.8.29. 島根県/松江市/島根町 

■水中のキジハタ幼魚

水中のキジハタ幼魚。
日中は岩陰などにいることが多い。上から見ると背部の黒斑がよく目立つ。
目玉の模様として敵の攻撃をそらす機能を持っているのかもしれない。

水族館のキジハタ

<飼育個体> 2016.10.10. 島根県/出雲市/宍道湖自然館ゴビウス 

■水族館のキジハタ

水族館のキジハタ。

キジハタの顔

<飼育個体> 2016.10.10. 島根県/出雲市/宍道湖自然館ゴビウス 

■キジハタの顔

キジハタの顔。


眼遊記

539 宍道湖自然館ゴビウス ~香港の研究者を連れて~
513 宍道湖自然館ゴビウス ~4年ぶりのゴビウス~
352 島根町 ~やっぱり島根の海もすごい~
343 野呂山北部 ~マムシグサとヒグラシ~
285 島根町 ~漁火光柱~
284 鹿島町 ~ソラスズメダイの撮影に成功!~
283 島根町 ~アフター5は部活~
282 島根町 ~やっぱり夜釣りのもんだわ~
268 島根町 ~暗闇で高級魚ゲット!~
266 美保関町 ~高級魚もろた!~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。