眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> オニオコゼ科(Synanceiidae) >> オニオコゼ属(Inimicus)

オニオコゼ (Oni Okoze)

Inimicus japonicus

オニオコゼ (Oni Okoze)

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道

分布:日本(青森県~九州)、韓国、中国(浙江省~広西省)、台湾 <水深200m以浅の砂泥底 海水性>
地方名:おこぜ(全国)

オニオコゼといえば、美味しい魚の代表格。
マダイヒラメのように沢山漁獲される魚ではないので、知る人ぞ知る「通」の魚のひとつだ。
見た目と違い全く臭みのない魚で、刺身・唐揚げ・吸い物、などにすると最高。
オニオコゼには鱗がなく、柔らかい体表には汚れが堆積して海中では石に同化して見つけにくい。あまり泳ぎは得意でなく、海底でじっとして近くを通る小魚を丸飲みにするのが彼らの捕食スタイルだ。
オニオコゼの背鰭には強い刺毒があり、これに刺されてしまうと非常に痛く苦しむという。

オニオコゼの頭部

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■オニオコゼの頭部

オニオコゼの頭部。
オニオコゼはブサイクな魚の代名詞。

正面から見たオニオコゼ

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■正面から見たオニオコゼ

正面から見たオニオコゼ。

オニオコゼの口内

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■オニオコゼの口内

オニオコゼの口内は白地に黒の斑点が散らばるとても面白い模様になっている。
オニオコゼは海底でじっと口を開けて獲物を待ち伏せている。口の中の模様は周囲の環境になじませるためのカモフラージュではないだろう。

オニオコゼの背鰭

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■オニオコゼの背鰭

オニオコゼの背鰭にある棘には猛毒があり、刺されてしまうと非常に強い痛みが襲うらしい。
死んでいても毒は残っているので、調理する際はまずキッチンばさみで棘を全て切り落とすことから始めないといけない。

オニオコゼの背面

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■オニオコゼの背面

オニオコゼの背面。

オニオコゼの腹面

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■オニオコゼの腹面

オニオコゼの腹面。
体表はブヨブヨだ。

オニオコゼの胸鰭

マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■オニオコゼの胸鰭

オニオコゼの胸鰭。
胸鰭の下端に2本の遊離軟条がある。

漁獲されたオニオコゼ

<19.5cm> マス網 2005.5.25. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■漁獲されたオニオコゼ

漁獲されたオニオコゼ。

水族館のオニオコゼ

<飼育個体> 2016.10.10. 島根県/出雲市/宍道湖自然館ゴビウス 

■水族館のオニオコゼ

水族館で飼育されているオニオコゼ。
じっとしていてほとんど動かない。

素揚げ用に処理されたオニオコゼ

2011.5.5. 島根県産 

■素揚げ用に処理されたオニオコゼ

オニオコゼの背鰭には猛毒があり、魚が死んだ後も残り続けるとてもやっかいなもの。
実際に釣って持って帰ったオニオコゼをさばくときに毒針にやられることもあるようなので気をつけたい。
魚屋やスーパーでは毒針をあらかじめ取り除いた状態で販売されていることが多い。

背鰭を処理されたオニオコゼ

2015.5.1. 鳥取県産 

■背鰭を処理されたオニオコゼ

オニオコゼの背鰭には猛毒があり、魚が死んだ後も残り続けるとてもやっかいなもの。
実際に釣って持って帰ったオニオコゼをさばくときに毒針にやられることもあるようなので気をつけたい。
魚屋やスーパーでは毒針をあらかじめ取り除いた状態で販売されていることが多い。

オニオコゼの素揚げ

2016.6.16. 島根県/松江市 

■オニオコゼの素揚げ

オニオコゼの代表料理のひとつ、唐揚げ。
魚の味を楽しむため素揚げにされることが多い。
恐ろしい見た目と違って、旨みはるがあっさりした味。綺麗な白身でふっくらと仕上がる点も最高。


写真提供

釣魚1400種図鑑
P358

眼遊記

554 宍道湖自然館ゴビウス ~いつ行っても楽しい地元の水族館~
539 宍道湖自然館ゴビウス ~香港の研究者を連れて~
456 境港さかなセンター ~オニエビを食らう~
165 松江市 ~オニオコゼ~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。