眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> スズキ目(Perciformes)
>> タチウオ科(Trichiuridae) >> タチウオ属(Trichiurus)

タチウオ (Largehead Hairtail)

Trichiurus lepturus

タチウオ (Largehead Hairtail)

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市

分布:日本(北海道~九州)、中国 <大陸棚域 海水性>

瀬戸内海で手軽に釣れる大物といえば、このタチウオではないかと思う。
ルアーで狙ったり、マイワシやイカナゴなどの小魚で狙う。
まるで研いだばかりの出刃包丁のように輝く体表、触るだけで切れるカミソリのように鋭い歯、くびれのない板のような体型と、他の魚とはかなり違う特徴を持つ。
タチウオという名前の由来は「姿が太刀のような魚」、「立って泳ぐ魚」の2つの説があるが、名づけた人に聞かなければ真相は分からない。
一方英名はLargehead Hairtail(大きな頭のヘアテイル)という。ヘアテイルとは「髪の毛の尾」という意味。タチウオの仲間はHairtailと呼ばれている。
骨が非常に堅いのが欠点だが、淡白な白身で美味しい魚。

タチウオの頭部

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオの頭部

タチウオの頭部。

タチウオの歯

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオの歯

タチウオの歯は鋭いことで有名だが、よく観察したことのある人はなかなかいないだろう。
上顎から突き出す大きな犬歯の先端はなんと返しがついている。
この歯を使って獲物を八つ裂きにするのがタチウオだ。
触るだけでも手がスパッと切れてしまうほど鋭いので、釣り上げたら即絞めないと非常に危険。

タチウオの顔

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオの顔

正面から見たタチウオの頭部。
まさに映画に出てくる化け物のようだ。

タチウオの尾

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオの尾

タチウオの尾には鰭がなく、紐状に伸びているのが特徴。
タチウオ類は英名でHairtail(髪の毛の尾)と呼ばれるが、確かに髪の毛のようになっている。

タチウオの体表

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオの体表

タチウオの体表はグアニンという物質で覆われており、これが虹色に光を反射する。
鱗が全くない代わりにこのグアニンによって体表を保護している。

グアニンを取り除いたタチウオの体表

<84.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■グアニンを取り除いたタチウオの体表

グアニンを取り除いたタチウオの体表。

タチウオのグアニン

2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオのグアニン

タチウオの体表をこすってグアニンを取り出してみた。
まるで銀の塗料のような、金属光沢のある綺麗な粉。

タチウオのグアニン

2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■タチウオのグアニン

タチウオの体表をこすってグアニンを取り出してみた。
かつてはこのグアニンを使って人工真珠を作っていたらしい。そういわれて納得のできる美しさだ。

死んで色褪せたタチウオ

2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■死んで色褪せたタチウオ

タチウオは死ぬとすぐに輝きを失ってしまう。
魚屋さんで見かけるのはこの状態になったものだけだろう。タチウオの本当の美しさはタチウオが生きているときにしか見られない。

釣り上げたばかりのタチウオ

<72.0cm> 釣り 2012.11.24. 兵庫県/神戸市 

■釣り上げたばかりのタチウオ

釣り上げたばかりのタチウオ。
表面は光を反射し、虹色に光る。

釣り上げたばかりのタチウオ

<78.0cm> 釣り 2003.8.13. 広島県/呉市 

■釣り上げたばかりのタチウオ

釣り上げたばかりのタチウオ。
まるで鏡のように光っている。陸からは夜釣りで釣れることが多く、ストロボの光を見事に反射する本種はカメラマンの強敵だ。

共食いされたタチウオ

釣り 2003.8.13. 広島県/呉市 

■共食いされたタチウオ

釣り上げたタチウオの体後半がなくなっていることがある。
獰猛なタチウオは共食いをすることも多く、尾部がなくなっているものも珍しくない。
この様になっても生きているのに、水からあげてしまうと体表が傷ついてすぐに死んでしまう。
見た目とは違ってデリケートな魚だ。

立ち泳ぎをするタチウオ

<飼育個体> 2017.12.28. 広島県/廿日市市/宮島町/宮島水族館 

■立ち泳ぎをするタチウオ

水族館で展示されるタチウオ。本当に立って泳いでいる。きっと獲物の真下から突き上げるような形で餌をハントするのだろう。
タチウオはとても弱い魚で、体表のグアニンが剥がれてしまうとすぐに弱って死んでしまう。
この様な難しい種をよく展示できるなぁと感動する。


写真提供

対馬の海洋保護区の魚トレーサビリティ プロジェクト
太刀魚~豆知識

眼遊記

673 宮島 ~20年ぶりに宮島水族館~
286 神戸市 ~タチウオ釣り~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。