眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> カレイ目(Pleuronectiformes)
>> ヒラメ科(Paralichthyidae) >> ガンゾウビラメ属(Pseudorhombus)

タマガンゾウビラメ (Fivespot Flounder)

Pseudorhombus pentophthalmus

タマガンゾウビラメ (Fivespot Flounder)

<11.5cm> 釣り 2003.10.28. 島根県/松江市/鹿島町

分布:日本(全国)、韓国、台湾、中国

投げ釣りをしていて仕掛けをあげてみると、タマガンゾウビラメが釣れていた。餌はアオゴカイ。
後にも先にも、タマガンゾウビラメはこの個体しかみたことがなく、釣りではなかなかお目にかかれない種だと思う。
ヒラメと同じヒラメ科に属するが、本種は非常に小型だ。
まるごと空揚げにして食べたが、小さすぎて味がよく分からなかった。カリカリと香ばしかったことだけは記憶に残っている。

タマガンゾウビラメの無眼側

<11.5cm> 釣り 2003.10.28. 島根県/松江市/鹿島町港 

■タマガンゾウビラメの無眼側

カレイ類において、眼がないほう、いわゆる裏側を学術的に無眼側という。
タマガンゾウビラメの無眼側は透き通っていて骨、内臓はもちろん、有眼側の皮膚の模様まで見える。

 

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。