眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> ナマズ目(Siluriformes)
>> ナマズ科(Siluridae) >> ナマズ属(Silurus)

ナマズ (Amur Catfish)

Silurus asotus

ナマズ (Amur Catfish)

<40.0cm> 2003. 島根県

分布:日本(全国)、ロシア(アムール川流域)、中国、ベトナム、韓国、台湾 <池沼、河川の緩流域 淡水域>

ナマズと聞けばほとんどの人がその姿をイメージできるだろう。そう、髭の生えた黒い魚。
しかしナマズを見たことのある人、食べたことのある人はいったいどのくらいいるだろうか?
実物を知っている人が少ないのに有名な、ちょっと珍しい魚かもしれない。それはナマズが地震を予知する魚だと知られているからかもしれない。
ナマズは実物を見るとちょっとひるんでしまうような見た目。
しかし食べてみると非常に美味い。
一度どれほどの味か、薄造りにして食べたことがある。しかし、ナマズには日本顎口虫という寄生虫がいて、誤って食べると胃壁を食い破って体内をどんどん進んでいくという。まれに脳に達して死ぬこともあるようだ。聞いただけで鳥肌が立つ。
このようなリスクは知っての上で、好奇心がまさって食べたのだが、非常に美味で驚いた。フグに似た食感という人もいるが、確かにそうかもしれない。
寄生虫は火を通せば死ぬので、加熱すれば安全に食べられる。
綺麗な白身で癖がなく、とっても美味しい魚。

ナマズの頭部

<40.0cm> 2003. 島根県 

■ナマズの頭部

ナマズの頭部。

ナマズの背面

<40.0cm> 2003. 島根県 

■ナマズの背面

ナマズの背面。
ナマズはやや扁平した身体をしている。水の少ないところにも強く、泥の上を這って移動することもある。

ナマズ

<50.0cm> 2003. 島根県 

■ナマズ

ナマズ。
見た目は悪いが美味しい魚。

ナマズの歯

<50.0cm> 2003. 島根県 

■ナマズの歯

ナマズの歯。
肉食魚であるナマズは大きな口で獲物を丸飲みする。
口には小さな歯がたくさん生えており、一度くわえた獲物を逃がさない。

カゴで漁獲されたナマズ

<46.0cm> カゴ 2008.9.5. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■カゴで漁獲されたナマズ

カゴで漁獲されたナマズ。

ナマズの髭

<46.0cm> カゴ 2008.9.5. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■ナマズの髭

ナマズの髭。
成魚には上顎下顎に1対づつ、計4本の髭がある。
これこそがナマズのシンボル。

ナマズの背面

<46.0cm> カゴ 2008.9.5. 島根県/松江市/玉湯町/宍道湖 

■ナマズの背面

ナマズの背面。

水中のナマズ

2008.10.27. 島根県/出雲市/乙立町/神戸川 

■水中のナマズ

水中のナマズ。
髭を前に伸ばし、周りの様子をうかがいながら泳いでいるようだ。

水中のナマズ

2008.10.27. 島根県/出雲市/乙立町/神戸川 

■水中のナマズ

水中のナマズ。
この個体は怪我をしていた。

水族館のナマズ

<飼育個体> 2016.9.30. 島根県/出雲市/宍道湖自然館ゴビウス 

■水族館のナマズ

水族館で飼育されているナマズ。
あまり動かずじっとしていることが多い。

ナマズの置物

2008.12.28. 広島県 

■ナマズの置物

とある海鮮屋さんでみつけたナマズの置物。
このようなナマズがモチーフの置物が作られるということは、古くから日本人に身近な魚だったということだろう。

 

写真提供

釣魚1400種図鑑
P448

 

眼遊記

535 宍道湖自然館ゴビウス ~地元の小さな水族館~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。