眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> フグ目(Tetraodontiformes)
>> フグ科(Tetraodontidae) >> サバフグ属(Lagocephalus)

シロサバフグ (Half-smooth Golden Pufferfish)

Lagocephalus spadiceus

シロサバフグ (Half-smooth Golden Pufferfish)

<18.5cm> 釣り 2008.9.20. 島根県/松江市/鹿島町

分布:日本、韓国、台湾、中国、フィリピン、カンボジア、タイの沿岸
地方名:きんぶく(島根県・鳥取県)

シロサバフグはフグ科の中でも珍しい無毒のフグだ。
毒はないのだが、そのかわり凶暴で恐ろしい魚。
本種を釣りあげた後、水バケツに入れて泳がせていたときのこと、手を洗おうとバケツに手を入れた瞬間に「痛いっ!」。
シロサバフグが噛み付いて皮膚をかじりとってしまった。
シロサバフグは非常に攻撃的で何にでも噛み付く。漁師さんいわく、歯が鋭く咬む力も強いので、マス網に入ると網を食い破ってしまうらしい。
日本近海に生息するサバフグ属の魚は、クマカサフグ、カナフグ、ドクサバフグ、クロサバフグ、シロサバフグ、センニンフグ、カイユウセンニンフグの7種。そのうちシロサバフグ以外の全ての種は有毒種(クマカサフグの毒性については不明)だ。
特に筋肉にも強毒があるとされるドクサバフグには酷似しているため、素人の料理は危険。

クサフグ

<18.5cm> 釣り 2004.9.25. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■メタリックボディを持つシロサバフグ

シロサバフグはメタリックでかっこいいフグ。

体を膨らませたシロサバフグ

<18.5cm> 釣り 2004.9.25. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■体を膨らませたシロサバフグ

怒って体を膨らませたシロサバフグ。

シロサバフグの背面

<18.5cm> 釣り 2004.9.25. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■シロサバフグの背面

シロサバフグの背面。
酷似するドクサバフグと見分けるときは背面を見るとよい。
触るとざらざらする小棘域が背鰭まで達しないのがシロサバフグ、達するのがドクサバフグだ。
写真の個体の小棘域はフラッシュの光が反射している辺りで終わっているのが分かる。

シロサバフグの腹面

<18.5cm> 釣り 2004.9.25. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■シロサバフグの腹面

シロサバフグの真っ白な腹面。

シロサバフグの腹面

<12.5cm> 釣り 2004.9.25. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■シロサバフグの尾鰭

シロサバフグの尾鰭。
尾鰭は黄色く、後端(尾鰭の端)は湾入する。
また尾鰭下部に白色域がある(上部の角にも白くなる)のが特徴。
一方クロサバフグの尾鰭は黒く、後端は二重湾入する(中央部が外側にカーブし、上部と下部の2箇所で湾入する)。

シロサバフグの幼魚

<12.5cm> 釣り 2004.9.25. 島根県/松江市/八束町/境水道 

■シロサバフグの幼魚

シロサバフグの幼魚。

シロサバフグの頭部

<18.5cm> 釣り 2008.9.20. 島根県/松江市/鹿島町 

■シロサバフグの頭部

シロサバフグの頭部。
眼の上はまるでアイシャドーをしたような美しいブルーで縁取られている。

シロサバフグの頭部

<18.5cm> 釣り 2008.9.20. 島根県/松江市/鹿島町 

■シロサバフグの歯

これがにっくきシロサバフグの歯。
クサフグなどの歯と同じくクチバシ状になっている。
見た目では分からないがこれが鋭く、なんでもかじりとってしまう。

シロサバフグの唐揚げ

2017.1.16. 島根県/松江市 

■シロサバフグの唐揚げ

シロサバフグの唐揚げ。
癖のない白身で、プリプリの歯ごたえ。これが最高に美味い。


眼遊記

262 境港市 ~川底より不気味なものを釣り上げた~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。