眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> フグ目(Tetraodontiformes)
>> フグ科(Tetraodontidae) >> トラフグ属(Takifugu)

ヒガンフグ (Panther Puffer)

Takifugu pardalis

ヒガンフグ (Panther Puffer)

<18.0cm> マス網 2005.12.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道

分布:北海道~東シナ海、黄海
地方名:すなぶく(島根県・鳥取県)

ヒガンフグは身近に釣れる中型のフグのひとつだ。
褐色の体表に黒い斑点があるのが特徴で、見分けの難しいフグ科の仲間の中でも簡単に見分けることができる。
鳥取県境港市周辺ではこのフグのことを「すなぶく」と呼び重宝する。フライ、煮付けなどで食べたことがあるが、プリプリっとしてクセのない白身は絶品。
ただし、他のフグ科同様テトロドトキシンという強力な神経毒を持っている。この毒は加熱しても分解されず、わずか1~2mgの摂取で死に至る。
厚生労働省のサイトによると、ヒガンフグの筋肉は無毒だがその他の部位には毒があるとされている。また、岩手県越喜来湾および釜石湾ならびに宮城県雄勝湾で漁獲されるヒガンフグについては食用不可とされているため、素人が判断するのは非常に危険だ。
フグ調理の資格を持たないものは絶対に調理をしてはいけない。

ヒガンフグの臀鰭

<18.0cm> マス網 2005.12.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒガンフグの臀鰭

ヒガンフグの臀鰭は黄色いのが特徴だ。

ヒガンフグの頭部

<18.0cm> マス網 2005.12.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒガンフグの頭部

ヒガンフグの頭部。
眼は赤い。

眼を閉じたヒガンフグ

<16.0cm> 釣り 2004.1.1. 広島県/呉市/川尻町 

■眼を閉じたヒガンフグ

ヒガンフグに限らず、フグ科の多くの魚は眼の周りの筋肉を収縮して眼を閉じることができる。

ヒガンフグの眼球

<17.0cm> マス網 2007.11.28. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒガンフグの眼球

ヒガンフグの眼球。
青い光を反射した表面と、虹彩の赤色のコントラストがとても美しい。

ヒガンフグの体表

<18.0cm> マス網 2005.12.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒガンフグの体表

ヒガンフグの体表。
体表にイボ状突起がみられる。

ヒガンフグの背面

<18.0cm> マス網 2005.12.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒガンフグの背面

ヒガンフグの背面。
黒い斑紋が全体に散らばる。

ヒガンフグの腹面

<18.0cm> マス網 2005.12.8. 島根県/松江市/美保関町/境水道 

■ヒガンフグの腹面

ヒガンフグの腹面は真っ白。

ヒガンフグの若魚

<12.5cm> 釣り 2004.8.13. 広島県/呉市/川尻町 

■ヒガンフグの若魚

釣りで漁獲されたヒガンフグの若魚。

ヒガンフグ

<18.0cm> 釣り 2012.12.13. 島根県/松江市/島根町 

■ヒガンフグ

釣りで漁獲されたヒガンフグ。

ヒガンフグ

<20.0cm> 釣り 2010.10.10. 広島県/呉市/川尻町 

■ヒガンフグ

釣りで漁獲されたヒガンフグ。


写真提供

宍道湖と中海の魚たち
   
       
P124
       

眼遊記

290 島根町 ~七目釣り~
284 鹿島町 ~ソラスズメダイの撮影に成功!~
152 島根町 ~釣り場カメラマン~
125 呉市 ~親父と夜釣り~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。