眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> フグ目(Tetraodontiformes)
>> フグ科(Tetraodontidae) >> トラフグ属(Takifugu)

トラフグ (Tora Fugu)

Takifugu rubripes

トラフグ (Tora Fugu)

<25.0cm> マス網 2005.3.4. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区

分布:日本海西部、東シナ海、黄海

フグの王様といえばトラフグ。庶民には手の届かない高級魚として余りにも有名だ。大型のフグで全長80cmになる。
幼魚、若魚は汽水域にも入ってゆき、島根県中海で釣れることもある。
この魚の一番おいしい食べ方は薄造り。「てっさ」と呼ばれ、歯ごたえがよい白身は極上の味。
ほとんどのフグにはテトロドトキシンという強力な神経毒がある。また、この毒は加熱しても分解されず、わずか1~2mgの摂取で死に至るという恐ろしい毒だ。
厚生労働省のサイトによると、精巣、皮、筋肉は無毒とされている。美味い魚だがフグ調理の資格を持たないものは絶対に調理をしてはいけない。

トラフグの口

<25.0cm> マス網 2005.3.4. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区 

■トラフグの口

トラフグの口。顎の力は強く、くちばし状になった歯に咬まれれば大怪我をする。

トラフグの斑紋

<25.0cm> マス網 2005.3.4. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区 

■トラフグの斑紋

胸鰭後方にある暗色班が白に縁取られているのがトラフグの特徴。
小さなうちはクサフグなどに似るが、これを覚えていればひとめでトラフグだと分かる。

トラフグの臀鰭

<25.0cm> マス網 2005.3.4. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区 

■トラフグの臀鰭

トラフグの臀鰭は白い。

トラフグの尾鰭

<25.0cm> マス網 2005.3.4. 島根県/松江市/手角町/中海本庄工区 

■トラフグの尾鰭

トラフグの尾鰭。黒くて特徴的だ。

体を膨らませたトラフグ

<22.0cm> 釣り 2004.11.6. 島根県/松江市/八束町/中海 

■体を膨らませたトラフグ

ボートのルアー釣りで漁獲されたトラフグの幼魚。
体を膨らませている。
スズキ釣りの外道で釣れることがよくある。

ゴマフグの幼魚

<18.0cm> マス網 2006.12.1. 島根県/松江市/中海 

■トラフグの幼魚

マス網によって漁獲されたトラフグの幼魚。

トラフグの幼魚

マス網 2004.7.22. 島根県/松江市/中海 

■トラフグの幼魚

マス網によって漁獲されたトラフグの幼魚。
小さな個体はクサフグに良く似るが、胸鰭後方の暗色班が白く縁取られることで見分けることができる。


写真提供

宍道湖と中海の魚たち
   
       
P125
       

 

眼遊記

580 しまね海洋館アクアス ~島根の水族館~

 

<<前の種

 
カウンター

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。