眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 条鰭綱(Actinopterygii) >> フグ目(Tetraodontiformes)
>> フグ科(Tetraodontidae) >> トラフグ属(Takifugu)

シマフグ (Yellowfin pufferfish)

Takifugu xanthopterus

シマフグ (Yellowfin pufferfish)

<23.0cm> 刺し網 2005.7.13. 島根県/松江市/大海崎町/中海

分布:日本、韓国、、台湾、中国

シマフグは見分けが難しいトラフグ属の中でも簡単に見分けられるフグだ。
毒々しい縞模様と全ての鰭が黄色いのが特徴。
大型種で最大60cmにもなるという。
一度だけ島根県の汽水湖中海で漁獲されたのを見たことがあるが、普通中海には生息していない。たまたま入ったのが漁獲されたのだと思われる。
シマフグも他のフグ科同様テトロドトキシンという強力な神経毒を持つ。この毒は加熱しても分解されず、わずか1~2mgの摂取で死に至る。
厚生労働省のサイトによると、シマフグの精巣と皮、筋肉は無毒とされている。フグ調理の資格を持たないものは絶対に調理をしてはいけない。

シマフグの背面

<23.0cm> 刺し網 2005.7.13. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■シマフグの背面

特徴的な斜帯は背中で左右につながっている。
背面からみると面白い模様だ。

シマフグの胸鰭

<23.0cm> 刺し網 2005.7.13. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■シマフグの胸鰭

シマフグの胸鰭。
シマフグの鰭は全て鮮やかな黄色をしている。

シマフグの背鰭

<23.0cm> 刺し網 2005.7.13. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■シマフグの背鰭

シマフグの背鰭。
シマフグの鰭は全て鮮やかな黄色をしている。

シマフグの臀鰭

<23.0cm> 刺し網 2005.7.13. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■シマフグの臀鰭

シマフグの臀鰭。
シマフグの鰭は全て鮮やかな黄色をしている。

シマフグの尾鰭

<23.0cm> 刺し網 2005.7.13. 島根県/松江市/大海崎町/中海 

■シマフグの尾鰭

シマフグの尾鰭。
シマフグの鰭は全て鮮やかな黄色をしている。

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。