眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 両生綱(Amphibia) >> 無尾目(Anura)
>> ヒキガエル科(Bufonidae) >> ヒキガエル属(Bufo)

アメリカヒキガエル (American Toad)

Bufo americanus

アメリカヒキガエル (American Toad)

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク

分布:カナダ(東部)、アメリカ合衆国(東部)

生まれて初めて野生のヒキガエルに出会ったのはトロントのハイパークという都市公園だった。
公園内の森をトレッキングしているとのそっと動くアメリカヒキガエルの姿をみつけた。
アメリカヒキガエルはトロントに住む人にとって最も身近な両生類。人家の近くにも生息している。
餌は昆虫類、ナメクジ類、ミミズ類など。
他のヒキガエル科のカエル同様、眼の後ろの毒腺からブッフォトキシンという毒を分泌する。人の皮膚に触れるとヒリヒリと炎症をおこさせたりするが、他のヒキガエル科に比べると毒性は弱いようだ。

正面からみたアメリカヒキガエル

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク  

■正面からみたアメリカヒキガエル

正面からみたアメリカヒキガエル。
ニホンヒキガエルに比べるとかわいらしい顔をしている。

逃げようとするアメリカヒキガエル

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク  

■逃げようとするアメリカヒキガエル

近くまで寄ってきて写真を撮りまくる人間が嫌だったのか逃げようとするアメリカヒキガエル。
動きはのそのそととてもスロー。
毒を持っているため、天敵が少ないからかもしれない。

アメリカヒキガエル

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク  

■アメリカヒキガエル

動きが遅いので何枚も写真を撮らせてくれた。

アメリカヒキガエル

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク  

■アメリカヒキガエル

暗い森の中で出会ったのでストロボで撮影した。

アメリカヒキガエルの背面

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク  

■アメリカヒキガエルの背面

アメリカヒキガエルの背面。
背面には大小無数のコブがみられる。
一番上からこの写真までが同じ個体。何枚も写真を撮らせてくれたので助かった。

アメリカヒキガエルの背面

<亜種:B.a.americanus Eastern American Toad> 2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク  

■アメリカヒキガエルの背面

同じ日に撮影した上とは別の個体。
中央に薄色帯が走り、若干体色が異なっているのが分かる。

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。