眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 両生綱(Amphibia) >> 無尾目(Anura)
>> アマガエル科(Hylidae) >> アマガエル属(Hyla)

ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)

Hyla japonica

ニホンアマガエル (Japanese Tree Frog)

2016.4.17. 島根県/松江市

分布:日本(北海道~鹿児島県)、韓国、中国(東部)
地方名:あまがえる(全国)

日本人に最も馴染みが深いカエルといえばニホンアマガエルで間違いないだろう。
小さな身体に美しい黄緑色で美しく、民家にもよく表れるため、ニホンアマガエルを好きな人は多い。
本種は周りの環境などに合わせて本来の黄緑色から灰色に体色を変化させることができる。この体色変化は魚類などのように一瞬ではなく、ゆっくりと変化する。
かわいいのでついつい手で触りたくなるが、体表の粘液は毒なので触ったら必ず手を洗うようにしたい。

黄緑色のニホンアマガエル

2016.10.10. 島根県/出雲市/宍道湖グリーンパーク 

■黄緑色のニホンアマガエル

黄緑色のニホンアマガエル。
ニホンアマガエルで最も典型的な体色がプレーンな黄緑色。
草の色とよく似ていて遠目では見つけづらい。

黄緑色のニホンアマガエル

2009.4.12. 島根県/雲南市/大東町 

■黄緑色のニホンアマガエル

黄緑色のニホンアマガエル。若干の黒班がみられるパターン。

灰色のニホンアマガエル

2011.3.13. 広島県/三次市/南畑敷町 

■褐色のニホンアマガエル

周りの景色に合わせて褐色になったニホンアマガエル。
体表の色素細胞の大きさを変える事で体色を調節することができるらしい。

迷彩柄のニホンアマガエル

2016.10.24. 島根県/松江市 

■迷彩柄のニホンアマガエル

ニホンアマガエルは一様に同じ色になるだけではなく、写真のように2色のパターンにもなるようだ。

民家に現れたニホンアマガエル

2016.4.17. 島根県/松江市 

■民家に現れたニホンアマガエル

ニホンアマガエルは民家の外灯の下などで餌をむさぼっている事がある。
水のない場所でも平気のようだ。
日中はサッシの隙間などに身をひそめている。

灰色のニホンアマガエル

2016.4.16. 島根県/松江市 

■灰色のニホンアマガエル

同じところにいたところをみると恐らく上の緑色の個体とこの灰色の個体は同一個体。
ニホンアマガエルは周りの景色に合わせて色を変える事ができる。

民家に現れたニホンアマガエル

2016.4.16. 島根県/松江市 

■民家に現れたニホンアマガエル

ニホンアマガエルは人に見つかっても全く気にしないのがいい。
ウシガエルなどはかなり臆病でなかなか姿を現さないが、本種は人に見つかっても逃げようとしない。

ニホンアマガエルの背面

2016.4.17. 島根県/松江市 

■ニホンアマガエルの背面

この個体の背面は一様に緑色をしている。
これに黒い斑点があったり、全体が灰色になったり、周りの状況にあわせて体色を変化させる。

飛び上がる前のニホンアマガエル

2016.4.17. 島根県/松江市 

■飛び上がる前のニホンアマガエル

勢いよくジャンプするために体を低くして準備するニホンアマガエル。
このあとビヨ~ンと撮影トレーの中から飛び出してしまった。

灰色になったニホンアマガエル

2016.4.16. 島根県/松江市 

■灰色になったニホンアマガエル

周りの景色にあわせて灰色になったニホンアマガエル。緑色のタイプと灰色のタイプがいるわけではなく、一個体が自由に体色を変えることができる。
よくみると緑色の部分がやや残る。

灰色になったニホンアマガエル

2016.4.16. 島根県/松江市 

■灰色になったニホンアマガエル

灰色になったニホンアマガエル。
喉は黒っぽくなっている。

ニホンアマガエルの顔

2016.4.16. 島根県/松江市 

■ニホンアマガエルの顔

ニホンアマガエルの顔。
整っていると感じるのは筆者だけだろうか。

ニホンアマガエルの表情

2016.4.16. 島根県/松江市 

■ニホンアマガエルの表情

ニホンアマガエルはどう撮ってもかわいく撮れる優秀なモデル。
笑っているようにみえるのは気のせいだろうか。

頭上をのぞくニホンアマガエル

2016.4.16. 島根県/松江市 

■頭上をのぞくニホンアマガエル

頭上をのぞくニホンアマガエル。
かわいらしいポーズだ。

垂直の壁を登るニホンアマガエル

2016.4.16. 島根県/松江市 

■垂直の壁を登るニホンアマガエル

ニホンアマガエルの吸盤はよく発達していて、垂直の壁も難なく登ることができる。
虫が集まってくる夏の夜の自動販売機や、民家の外灯などで餌をむさぼっているカエルは本種になる。

青いニホンアマガエル

<飼育個体> 2016.7.1. 島根県/出雲市/宍道湖自然館ゴビウス 

■青いニホンアマガエル

基本的に緑色のニホンアマガエルだが、ごく稀に青い体色の個体がいる。
これは黄色の色素が欠乏し緑色を再現できなくなったため。


眼遊記

559 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメがみれた~
547 松江市 ~迷彩模様のアマガエル~
539 宍道湖自然館ゴビウス ~香港の研究者を連れて~
513 宍道湖自然館ゴビウス ~4年ぶりのゴビウス~
500 家 ~こいつは昨日のアマガエル!~
498 家 ~久々にみたアマガエル~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。