眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 両生綱(Amphibia) >> 無尾目(Anura)
>> アオガエル科(Rhacophoridae) >> アオガエル属(Rhacophorus)

シュレーゲルアオガエル (Schlegel's Green Tree Frog)

Rhacophorus schlegelii

シュレーゲルアオガエル (Schlegel's Green Tree Frog)

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市

分布:日本(本州、四国、九州)

シュレーゲルアオガエルは日本に生息するカエルの中でも最も美しい種のひとつ。
トレードマークの緑色は、緑の中でも春の新緑の様な色。優しさや生命力を感じさせる。
本種の学名はRhacophorus schlegelii(ラコフォルス・シュレーゲリイ)。種小名の schlegelii は、オランダ人のヘルマン・シュレーゲルという人物で、本種を新種記載したアルベルト・ギュンターが献名したものだろう。それで本種の和名はシュレーゲルアオガエルとなっている。
カタカナの和名なので、知らない人が聞くとまるで外来種であるかのように聞こえる。日本の固有種なのにもったいない話だ。自分だったらサトアオガエルにするのに・・・

シュレーゲルアオガエルの顔

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルの顔

シュレーゲルアオガエルの顔。まさに日本人の持っているカエルのイメージ。

シュレーゲルアオガエルの体表

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルの体表

シュレーゲルアオガエルの体表。
遠くからみると滑らかに体表だが、よく見てみるとデコボコになっている。

シュレーゲルアオガエルの腹面

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルの腹面

シュレーゲルアオガエルの腹面は真っ白。
他のカエルに比べるとよく動くので撮影に苦労した。

手の上に乗ったシュレーゲルアオガエル

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■手の上に乗ったシュレーゲルアオガエル

手の上に乗ったシュレーゲルアオガエル。
ニホンアマガエルよりも二回りくらい大きいのがわかる。

シュレーゲルアオガエルの吸盤

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルの吸盤

シュレーゲルアオガエルの吸盤は非常に強力。
垂直の壁も難なくすいすい登る事ができる。指の吸盤はニホンアマガエルよりも強力だ。

シュレーゲルアオガエルのオスとメス

<左:メス 右:オス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルのオスとメス

シュレーゲルアオガエルはオスとメスで身体の大きさが異なる。
写真の左はメス、右がオス。体色の違いは個体差であって、性差ではないことに注意。

シュレーゲルアオガエルのオス

<オス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルのオス

シュレーゲルアオガエルのオス。
メスより一回り小さい。

シュレーゲルアオガエルオスの喉

<オス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■シュレーゲルアオガエルオスの喉

シュレーゲルアオガエルのオスとメスは外見から見分けるのが難しいのだが、オスの喉は黒くなるのが特徴。

雨上がりに道路に現れたシュレーゲルアオガエル

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■雨上がりに道路に現れたシュレーゲルアオガエル

雨上がりの夜、家の前の道路にシュレーゲルアオガエルが現れた。
近くに田んぼがあるので山からやってきたのかもしれない。

雨上がりに道路に現れたシュレーゲルアオガエル

<オス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■雨上がりに道路に現れたシュレーゲルアオガエル

雨上がりの夜、家の前で高くて綺麗な鳴き声がしていたので探すとシュレーゲルアオガエルのオスがいた。

家の前に現れたシュレーゲルアオガエル

<メス> 2016.5.3. 島根県/松江市 

■家の前に現れたシュレーゲルアオガエル

雨上がりの夜、家の前に現れたシュレーゲルアオガエル。

 

眼遊記

559 宍道湖自然館ゴビウス ~カワヤツメがみれた~
501 家 ~初めてのシュレーゲルアオガエル~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。