眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> カモ目(Anseriformes)
>> カモ科(Anatidae) >> コクガン属(Branta)

カナダガン (Canada Goose)

Branta canadensis

カナダガン (Canada Goose)

2009.6.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク

分布:カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ(北部)、西ヨーロッパ、イギリス(移入)、ニュージーランド(移入)

カナダガンはトロント市民にとって最も親しみのある鳥ではないだろうか。
トロントで初めてこの鳥を見たときはその美しさと大きさに驚いた。そのときは2匹だけだったので、珍しい鳥に違いないと夢中で写真を撮った。
これほどたくさんいる鳥だとはそのとき思いもしなかった。
どこへ行けばみられると、わざわざ書くまでもないが、トロントではハイパークに行けば100%見ることができる。
現在はうっとおしいくらい多いこの鳥だが、1970年代には絶滅危惧種だったようだ。
一度少なくなってしまった種を再び増やすのはとても難しいが、人間の手によって再生された種のいい例だ。
カナダの自然に対する配慮と野生生物保護の技術の高さがうかがい知れる。
本種に良く似たシジュウカラガン (Cackling Goose)は2004年にアメリカ鳥学会(American Ornithologists' Union)よってカナダガンの亜種から独立した種に分けられた。

カナダガンのV字編隊

2009.10.3. カナダ/オンタリオ州/ナイアガラフォールズ

■カナダガンのV字編隊

カナダガンはV字編隊を組んで飛行する。頭上をカナダガンがホーンクホーンクと鳴きながら飛んでいく姿はトロントでしばしば見られる光景だ。
宮崎駿監督のアニメ映画「魔女の宅急便」で、キキがV字編隊を組んだ鳥と並んで飛び、突風にあおられるシーンがあるが、その鳥はまさにこのカナダガンである。鳴き声までも本物を使っており、監督の抜かりのない姿勢が感じられるシーンだ。

ハイパークのカナダガン

2009.6.5. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク

■ハイパークのカナダガン

ハイパークは必ずと言っていいほどカナダガンが出没する公園だ。その大きな体を維持するためか、一日中草を食べている。
人を恐れないので、よい撮影モデルになってくれるハイパークの人気者だ。

カナダガンの糞

2009.5.23. カナダ/オンタリオ州/トロント/Gロスロードパーク

■カナダガンの糞

糞は特大サイズで、トロント市によると、1日に最高1kgもの糞をするという。春に公園に行ってカナダグースの糞を踏まない日はない。

カナダガンの顔

2009.5.23. カナダ/オンタリオ州/トロント/Gロスロードパーク

■カナダガンの顔

食事中のカナダガン。カナダガンと言えばこの白い斜帯。この白い斜帯がなかったとしたら、これほどまでにトロント市民に愛されていただろうか。

カナダガンのヒナ

2009.5.23. カナダ/オンタリオ州/トロント/Gロスロードパーク

■カナダガンのヒナ

親も大きければ子も大きい。春に生まれたヒナは秋にもなるともう親と見分けがつかなくなるほど。
すさまじい成長だ。

水面を滑走するカナダガン

2009.11.3. カナダ/オンタリオ州/トロント/ヨーク大学

■水面を滑走するカナダガン

大きい体だが、水面を滑走して見事に飛び上がる。

雪景色に舞うカナダガン

2009.12.10. カナダ/オンタリオ州/トロント/ヨーク大学

■雪景色に舞うカナダガン

雪景色に舞う姿も悠々としていて美しい。都会にいることを忘れさせてくれる光景だ。

ドイツのカナダガン

2013.10.28. ドイツ/バイエルン州/ミュンヘン/ヘラブルン動物園

■ ドイツのカナダガン

ドイツのミュンヘンでみかけたカナダガン。
トロントでみたカナダガンよりも一回り小さい印象だった。
隣に写っているのはハイイロガン。

カナダグース社製のダウンジャケット

2010.3.19. カナダ/ノースウエストテリトリー/イエローナイフ

■ カナダグース社製のダウンジャケット

現在地球上で最強の防寒着と評価されているのがカナダグース社製のダウンジャケット。
南極探検隊が使用しているらしい。
-25℃のカナダのイエローナイフでオーロラ撮影をしていたときに、体をしっかりと保温してくれたのがこのジャケット。
別にカナダガンの羽毛が使われているという訳ではない。

 

眼遊記

383 Foster City ~サンフランシスコ湾の鳥~
361 Hellabrunn Zoo ~ミュンヘンの動物園~
114 Humber River ~溯上するサーモンを求めて~
103 Scarborough Bluffs Park ~トロントの崖~
082 Humber Arboretum ~カナダ初フィッシング~
066 Maligne Lake ~美しい景色とあこがれの鳥~
057 Highway 1A ~ついに大型野生動物と遭遇~
051 Humber Arboretum ~のんびり散歩~
049 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリの巣~
048 Colonel Samuel Smith Park ~春の小鳥たち~
046 High Park ~桜満開~
039 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリのいる公園~
038 Dicovery Walk ~4時間のハイキング~
031 Humber Bay Shores Park ~青い空と青い水面~
030 High Park ~2種類のハクチョウ~
024 High Park ~水鳥はどこへ?~
022 York University ~真っ白~
017 High Park ~もう少し早く来れば・・・~
016 York University ~冬到来~
013 Tommy Thompson Park ~ついに潜入!~
011 Toronto Island ~今度こそ野鳥の会~
009 Toronto Island ~初上陸~
008 Niagara Falls ~知られざるナイアガラの滝~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。