眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> カモ目(Anseriformes)
>> カモ科(Anatidae) >> Cairina属(Cairina)

ノバリケン (Muscovy Duck)

Cairina moschata

ノバリケン (Muscovy Duck)

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ベイシティー/ル・チュールパーク

ノバリケンはメキシコ、中央アメリカ、南アメリカに生息するカモ科の鳥だ。
食用に家禽化された家禽種をバリケンと呼ぶ。
世界のいろいろな場所で飼育されており、数は少ないながらも日本に持ち込まれている。
野生種の分布の北限はアメリカ合衆国テキサス州南部なので、この個体は野生種ノバリケンだと思われる。
それにしても英名はMuscovy Duck、学名はCairina moschata、なにがどうなって和名がノバリケンになったのだろうか。

眼遊記

109 Le Tulle Park ~あこがれのハチドリ~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。