眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> アマツバメ目(Apodiformes)
>> ハチドリ科(Trochilidae) >> Calypte属(Calypte)

アンナハチドリ (Anna's Hummingbird)

Calypte anna

アンナハチドリ (Anna's Hummingbird)

<オス> 2014.2.8. アメリカ合衆国/アリゾナ州/セドナ/レッドロック州立公園

生息:アメリカ合衆国(西部)、カナダ(太平洋岸)、メキシコ(北西部)

鳥の中で一番好きな鳥がハチドリ。
羽色はまるで宝石のように美しく、大きさは親指1本くらいと余りにも小さく、虫のようにホバリングし、軽やかに花の蜜を吸う。
この余りにも美しい鳥は南北アメリカ大陸にしか生息していない。日本では見ることができないのだ。
いるところにいけばいる鳥なのだが、見つけようと思うとなかなか難しい。
アメリカ人、カナダ人もこの鳥の事が大好きで、庭にハチドリ専用のフィーダーを置いている家も多い。
アンナハチドリはオスの頭部が赤く光るハチドリの中でも特に美しい種類。
初めてその存在を知ってからずっと撮影したいと思っていた鳥だが、アリゾナ州のセドナで納得のいく写真を撮影することができた。
オスの赤い頭部は反射することによって赤く光る。まるで金属のように光を反射するため、見る角度によって黒っぽく見えたり赤く光ったりする。

アンナハチドリのオス

<オス> 2014.2.8. アメリカ合衆国/アリゾナ州/セドナ/レッドロック州立公園 

■アンナハチドリのオス

アンナハチドリのオス。
メイン写真と同じ個体を遠くから撮影したもの。
角度によって頭部は真っ赤に光る。

アンナハチドリのオス

<オス> 2014.2.8. アメリカ合衆国/アリゾナ州/セドナ/レッドロック州立公園 

■アンナハチドリのオス

アンナハチドリのオス。
セドナの赤い大地をバックに撮影。

アンナハチドリのオス

<オス> 2014.2.8. アメリカ合衆国/アリゾナ州/セドナ/レッドロック州立公園 

■アンナハチドリのオス

アンナハチドリのオス。
メイン写真では赤く写っていた頭頂部は黒っぽく見える。角度によって全く色が異なって見えるのがおもしろい。

見晴らしのよい場所にとまるアンナハチドリ

<オス> 2014.2.8. アメリカ合衆国/アリゾナ州/セドナ/レッドロック州立公園 

■見晴らしのよい場所にとまるアンナハチドリ

見晴らしのよい場所にとまるアンナハチドリ。
仲間を探しているのだろうか、それとも休憩だろうか。
アンナハチドリは木の先など、見晴らしのよさそうな場所でみかけることが多かった。

アンナハチドリのメス

<メス> 2012.6.21. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/ゴールデンゲートブリッジ 

■アンナハチドリのメス

アンナハチドリのメス。
頭部は白っぽく、喉のあたりが赤くなるのが特徴。

ホバリングするアンナハチドリ

<メス> 2012.6.21. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/ゴールデンゲートブリッジ 

■ホバリングするアンナハチドリ

毎秒55回という、まさしく目にも止まらぬ速さではばたきホバリングするアンナハチドリ。
一箇所にとどまっていると思うと、まるで飛行機のようにピューっと飛んでいったりする。
その姿はどの生き物にも似つかないため、実際に目にしないと想像するのは難しいかもしれない。

アンナハチドリのオス

<オス> 2012.6.21. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/ゴールデンゲートブリッジ 

■アンナハチドリのオス

ハチドリは赤い花が大好きだ。
たくさんの赤い花が咲くこの植木の周りにたくさんのアンナハチドリがやってきていた。
ハチドリ好きにとっては最高のポイント。

アンナハチドリのオス

<オス> 2012.6.21. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/ゴールデンゲートブリッジ 

■アンナハチドリのオス

アンナハチドリのオス。

 

眼遊記

394 Sedona ~世界最高のパワースポット~
242 Golden Gate Bridge ~愛しのハチドリ~

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。