眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> チドリ目(Charadriiformes)
>> シギ科(Scolopacidae) >> ダイシャクシギ属(Numenius)

アメリカダイシャクシギ (Long-billed Curlew)

Numenius americanus

アメリカダイシャクシギ (Long-billed Curlew)

2016.2.1. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ

分布:アメリカ合衆国(西部)、メキシコ、中央アメリカ

サンフランシスコ国際空港の近く、フォスターシティという埋立地の海岸へ行ったときのこと。干潟の海岸を埋め尽くすほどのシギ類に出会うことができた。
ハジロオオシギ、アメリカオオソリハシシギ、アメリカソリハシセイタカシギの3種が主な種だったが、1羽だけ特別にくちばしの長い鳥がいた。
アメリカダイシャクシギだ。
英名のLong-billed Curlew(長いくちばしのダイシャクシギ)が示すとおり、非常に長いくちばしを持つことが特徴。その長さは最大21.9cmに達する。長さだけではそれほど長くは感じられないが、全長が50~60cmなのだからどれだけ長いくちばしなのかが分かるだろう。
2年後に同じ場所を訪れたときにもアメリカダイシャクシギの姿を見ることができた。この干潟はアメリカダイシャクシギにとって魅力的な場所なのだろう。

干潟を歩くアメリカダイシャクシギ

2016.2.1. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■干潟を歩くアメリカダイシャクシギ

柔らかい泥底で人間が入ったら抜けられないような場所だが、こういった環境に適応しているアメリカダイシャクシギにとっては難なくすいすい歩くことのできる場所だ。

餌を探すアメリカダイシャクシギ

2016.2.1. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■餌を探すアメリカダイシャクシギ

長いくちばしを泥に差し込んで餌を探すアメリカダイシャクシギ。
餌はカニや軟体動物など。

餌を探すアメリカダイシャクシギ

2016.2.1. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■餌を探すアメリカダイシャクシギ

瞼を閉じて頭まで泥につかって餌を探している。

餌をとらえたアメリカダイシャクシギ

2016.2.1. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■餌をとらえたアメリカダイシャクシギ

写真が小さく何かはよく分からないが、見事餌をとらえたアメリカダイシャクシギ。

ハジロオオシギ、アメリカオオソリハシシギの群れに混ざるアメリカダイシャクシギ

2014.1.29. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■ハジロオオシギ、アメリカオオソリハシシギの群れに混ざるアメリカダイシャクシギ

干潟でくつろぐシギ類の群れ。その数は数千羽はいただろう。
その中に1羽だけくちばしの長いアメリカダイシャクシギが混ざっていた。

ハジロオオシギ、アメリカオオソリハシシギの群れに混ざるアメリカダイシャクシギ

2014.1.29. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/フォスターシティ 

■ハジロオオシギ、アメリカオオソリハシシギの群れに混ざるアメリカダイシャクシギ

中央の長いくちばしを持った鳥がアメリカダイシャクシギ。その後ろのピンク色のくちばしがアメリカオオソリハシシギ、グレーの羽色がハジロオオシギ

 

眼遊記

491 Foster City ~ジャックラビットとの出会い~
383 Foster City ~サンフランシスコ湾の鳥~

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。