眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> コウノトリ目(Ciconiiformes)
>> サギ科(Ardeidae) >> アオサギ属(Ardea)

アオサギ (Grey Heron)

Ardea cinerea

アオサギ (Grey Heron)

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町

分布:日本、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、ヨーロッパ大陸

アオサギはアフリカ大陸、ヨーロッパ、ユーラシア大陸、日本と広く分布する大型のサギだ。
オーストラリア大陸と南北アメリカ大陸には生息していない。
他の地域の生息状況を知らないので比較はできないが、島根県ではかなり多く、普通に見られる鳥だ。
鳥目という言葉があるように鳥は夜行動しないと思われがちだが、真っ暗な夜に空から特徴的な「ギャーギャー」と鳴く声が聞こえたり、川辺でじっと餌を待ち伏せする姿を見たりすると、少なくとも本種は夜も活動しているように思える。
やや鈍感で人が近づいているのになかなか気付かないことが多く、ギリギリでバッと飛び立ったりするので、夜中に遭遇すると腰を抜かしそうになる。
こういった性質と大きな体から、筆者にとってコブハクチョウと並ぶ代表的な「身近に観察できるインパクト大の鳥」だ。
水辺を歩き回ったり、ウシの後をつけたり、サギ科の鳥にはそれぞれの餌のとり方があるが、アオサギは水辺でじっと餌を待ち伏せしていることが多い。
あんまり動かないので、鳥の置物だというと信じる人もいるくらいだ。
松江市にある松江城の堀川を遊覧する「堀川遊覧」では川辺で餌を待ち伏せするアオサギも名物のひとつ。
ぴくりとも動かない姿に観光客は大喜びしている。

アオサギの特徴

2007.5.10. 島根県/松江市/東本町 

■アオサギの特徴

青灰色の翼に、黄色く長いくちばし、眼の上の紺色のライン、アオサギはサギ科の中でもちょっと変わった姿をしている。
ゴイサギにちょっとだけ似ているが、大きさはゴイサギよりずいぶん大きいのでまず見間違うことはないだろう。
後頭部の冠羽、胸部の飾羽も特徴的で、アオサギを見ると鳥が恐竜の子孫なのだと納得できる。

婚姻色の表れたアオサギ

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町 

■婚姻色の表れたアオサギ

繁殖期になるとアオサギの眼、くちばしが鮮やかな黄色~オレンジになる。また冠羽もよく伸びる。
写真の個体はくちばしの根元がピンクで、眼の横は紫色ととても美しい色彩をしている。

片足で休むアオサギ

2008.12.2. 島根県/松江市/本庄町 

■片足で休むアオサギ

片足立ちで休んでいるアオサギ。
アオサギに限らず片足で立っている鳥は多い。
座ったり寝転がったりすることができないから片足づつ休ませて疲れをとるのだろうか。

アオサギのコロニー

2006.3.7. 島根県/松江市/美保関町 

■アオサギのコロニー

木の上に巣を作ったアオサギ。
アオサギはいくつものつがいが集まってコロニーをつくる。
これだけ大きなアオサギが集まっていると、カラスも卵を狙うことができないだろう。

川岸に並ぶアオサギ

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町 

■川岸に並ぶアオサギ

きれいに等間隔でアオサギが並んでいる。
餌を狙うにしては水から離れているので休んでいるのだろう。
アオサギはこのような浅くて小さい川によく集まっている。

飛翔するアオサギ

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町 

■飛翔するアオサギ

飛翔するアオサギ。
力強く羽ばたく大きな翼が太陽に照らされている。
アオサギのたくましさを感じさせるお気に入りの一枚。

飛翔するアオサギ

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町 

■飛翔するアオサギ

陸を蹴り飛ばして上空に飛びあがったばかりのアオサギ。
ある程度高さが出て軌道にのるまでは写真のように脚をぶら下げたまま飛ぶことが多い。
なんともまぬけな姿。

正面を向くアオサギ

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町 

■正面を向くアオサギ

はげあがったサラリーマンではない。アオサギの写真だ。
アオサギは不審に思ったりすると、このように時々正面をむき、両目で目標物までの距離を測る。
泳いでいる魚などを簡単に捕まえるくらいなので、相当視力はよいと思われる。
この写真だけ見てアオサギだと分かる人はそういないだろう・・・

中海に舞うアオサギ

2011.12.30. 島根県/松江市/大海崎町 

■中海に舞うアオサギ

水面ぎりぎりを優雅に舞うアオサギ。
アオサギは気温が一桁の冬でも元気だ。

獲物を待ち伏せするアオサギ

2017.1.19. 島根県/出雲市/斐川町 

■獲物を待ち伏せするアオサギ

石の隙間に顔を突っ込み、獲物を待ち伏せするアオサギ。サギ科の鳥は水際でじっと獲物を待ち構えるスタイルの狩りが得意。
このアオサギもこの状態のまま数分間微動だにしなかった。


眼遊記

560 宍道湖西岸なぎさ公園 ~ヨシにとまったカワセミ~
374 オシドリ観察小屋 ~親父と鳥撮りその1~
307 宍道湖西岸なぎさ公園 ~初ヘラサギ~
280 米子水鳥公園 ~オナガガモ激写~
273 宍道湖西岸なぎさ公園 ~飛行機待ちでひと撮影~
252 出雲空港 ~アオサギのデジスコ写真~
239 松江市浜佐田町 ~コウノトリがやってきた~
213 島根町 ~2012年初撮り~
211 中海本庄工区 ~2011年撮り収め~
164 島根県東部 ~久々の魚類調査~
146 米子水鳥公園 ~大当たりの撮影~
145 松江市北陵町 ~豪雪の影響~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。