眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> コウノトリ目(Ciconiiformes)
>> サギ科(Ardeidae) >> シラサギ属(Egretta)

スミレサギ (Little Blue Heron)

Egretta caerulea

スミレサギ (Little Blue Heron)

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園

分布:アメリカ合衆国、メキシコ、中央アメリカ、ウルグアイ、ペルー

スミレサギはアメリカ合衆国中南部から南アメリカ大陸のペルー、ウルグアイまで生息する小型のサギだ。
英名はLittle Blue Heron(小さな青いサギ)、和名はスミレサギ。日本人が認識する、まさにスミレ色をしている。いい和名だ。
若干の違いはあるが、頭の先から脚の先まで一様に同じ色をしている。
初めてのテキサス旅行で本種を見たが、大きなハス科の葉の上に器用にのっていて驚いた。
紺色と違ってやや赤みのあるスミレ色が美しくて何度も見たくなる鳥。

ハスの葉の上を歩くスミレサギ

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■ハスの葉の上を歩くスミレサギ

ハスの葉の上をいとも簡単に歩き回るスミレサギ。
バランスをとるために翼をつかっているのが分かる。
すごいバランス感覚だ。

餌をとらえたスミレサギ

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/シェルドンレイク州立公園 

■餌をとらえたスミレサギ

スミレサギが餌をとらえた。
遠くてよくわからないがカエルのように見える。
ハスの上を歩くことができれば、外敵から身を守るため避難している魚などを簡単に狙うことができる。
それにしても安定しない足場で餌を捕らえる能力はおみごと。

 

眼遊記

108 Brazos Bend State Park ~ワニの楽園~
105 Sheldon Lake State Park ~野生のワニ~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。