眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> コウノトリ目(Ciconiiformes)
>> サギ科(Ardeidae) >> シラサギ属(Egretta)

サンショクサギ (Tricolored Heron)

Egretta tricolor

サンショクサギ (Tricolored Heron)

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園

分布:アメリカ合衆国、メキシコ、中央アメリカ、ブラジル、ペルー

サンショクサギは紺、黄色、白のコントラストが美しい中型のサギだ。
白一色や地味な羽色が多いサギ科のなかでもひときわ目立つ存在。
南北アメリカ大陸の海沿いのエリアに生息する。日本には生息しない。
英名Tricolord Heron(三色のサギ)、学名Egretta tricolor(種小名triclolorは三色の意)と、どの名前でも三色のサギという意味を持つので覚えやすい鳥だ。
一度覚えると簡単に見分けがつくのだが、初めて見たときはちょっと雰囲気の違うスミレサギ (Little Blue Heron)だと勘違いしていた恥ずかしい思い出がある。
言い訳だが実際、両種は同じシラサギ属で色の感じは良く似ている。
餌は魚や甲殻類、爬虫類、昆虫などで、水辺で餌を探す姿がよくみられる。

サンショクサギの後姿

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ガルベストン/ガルベストンアイランド州立公園 

■サンショクサギの後姿

こちらに気付き、警戒しているサンショクサギ。
顔は黄色く、首から翼の背側は紺色。腹側は白くなっている。
後頭部と首の付け根を良く見ると赤紫色をしているのが分かる。
白を一色とカウントしないのであれば、サンショクサギの三色は黄色、紺、赤紫になるが実際はどうなのであろうか。

飛び立つサンショクサギ

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ガルベストン/ガルベストンアイランド州立公園 

■飛び立つサンショクサギ

上の写真の個体がとうとう飛び立ってしまった。
翼の内側と胴体は本当に真っ白だ。
長い脚を伸ばしたまま飛び立つ姿は他のサギ科の鳥と良く似ている。

 

眼遊記

108 Brazos Bend State Park ~ワニの楽園~
107 Galveston Island State Park ~湿地に潜入できず~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。