眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> コウノトリ目(Ciconiiformes)
>> サギ科(Ardeidae) >> ミノゴイ属(Nyctanassa)

ミノゴイ (Yellow-crowned Night Heron)

Nyctanassa violacea

ミノゴイ (Yellow-crowned Night Heron)

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/シェルドンレイク州立公園

ミノゴイは森林の沼地に住む中型のサギだ。
北アメリカ大陸の東部から南アメリカ大陸北部まで生息する。
英名のYellow-crowned Night Heronは黄色い頭をした夜のサギという意味。ちなみにBlack-crowned Night Heron(黒い頭をした夜のサギ)とはゴイサギのことだ。
Webサイトなどを見ていると、本種とゴイサギはよく似るといわれているようだが、首の長さが全然違うので見間違えるようなことはないと思う。
テキサス州南部の州立公園めぐりをしたとき、サギ科の鳥ではもっとも多くみられた。
そのとき出会ったガイドにミノゴイはアメリカザリガニが大好物で、消化できない殻をペレット状にして吐き出すと教えてもらった。
なるほどそういえば、前日ミノゴイが赤いものを口から吐き出しているのを目撃して気になっていたのだった。
池の周りには粉々になったアメリカザリガニの残骸がたくさん落ちていた。

ミノゴイの顔

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/シェルドンレイク州立公園 

■ミノゴイの顔

ミノゴイはなんといってもギョロっと大きいオレンジ色の眼が特徴的だ。
この個体でははっきりしないが、頭頂の淡色の部分が黄色いためYellow-crowned Night Heronの名がある。

正面を向くミノゴイ

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/シェルドンレイク州立公園 

■正面を向くミノゴイ

我々の視線を感じたのか、どうも怪しいとこちらの様子を伺うミノゴイ。
両目で見て正確な距離を測っているのだろう。

ミノゴイの幼鳥

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■ミノゴイの幼鳥

ミノゴイの幼鳥は褐色で小さな白色班が全体に広がる。
ゴイサギの幼鳥の模様と非常に良く似ている。
片足しか見えないのは、怪我をしたわけではく片足を折り曲げて立っているから。

ミノゴイの幼鳥

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ガルベストン/ガルベストンアイランド州立公園 

■生後1年のミノゴイ

1年目の夏が終わり、これから成鳥の羽に変わっていく。
雰囲気は成鳥と変わらないが、羽色は全体がグレー。

飛翔するミノゴイ

2010.9.18. アメリカ合衆国/テキサス州/ガルベストン/ガルベストンアイランド州立公園 

■飛翔するミノゴイ

ガルベストンアイランド州立公園でみたミノゴイ。
少し見にくいが、英名が表すとおり頭部が黄色くなっている。

ミノゴイによるアメリカザリガニの残骸

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■ミノゴイによるアメリカザリガニの残骸

池の脇にアメリカザリガニの残骸が散らばっていた。
ガイドの人に聞くとミノゴイはアメリカザリガニが大好きらしい。
捕まえるとくちばしではさみをくわえて振り回し、体から脚をはずして丸飲みする。

ミノゴイが吐き出したペレット

2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■ミノゴイが吐き出したペレット

アメリカザリガニを飲み込んだあと、消化できない殻はペレット状にして吐き出される。
この習性を知らなかったので、ミノゴイが赤いものを吐き出したのをみたときはびっくりした。
ミノゴイをよく観察しているというガイドの人もまだペレットを吐き出す瞬間は見たことがないと言う。
ペレット自体は公園のあちこちで見られる。

 

眼遊記

108 Brazos Bend State Park ~ワニの楽園~
107 Galveston Island State Park ~湿地に潜入できず~
105 Sheldon Lake State Park ~野生のワニ~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。