眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> ショウジョウコウカンチョウ科(Cardinalidae) >> Cardinalis属(Cardinalis)

ショウジョウコウカンチョウ (Northern Cardinal)

Cardinalis cardinalis

ショウジョウコウカンチョウ (Northern Cardinal)

<オス> 2010.4.3. カナダ/オンタリオ州/トロント/キングスミルパーク

分布:アメリカ合衆国(東部)、メキシコ、カナダ(南東部)

これほど真っ赤な鳥はいるだろうか。
ショウジョウコウカンチョウ、英名ノーザンカーディナルは北米で最も愛されている鳥のひとつだ。
NFLではアリゾナ・カーディナルズ、MBFではセントルイス・カーティナルズと、プロスポーツチームの象徴にもなっている。
春になると聞こえてくる雄のさえずりもまた美しい。
筆者が初めて公園でカーディナルをみたときはその赤さにびっくりした。
今でもあれほど鮮やかな赤色をした生き物はカーディナル以外で見たことがない。
カーディナルが愛されるもうひとつの理由に、生息数も関係していると思う。
トロントでは多くも少なくもなく、「バードウォッチングに出かけると必ずみつかる鳥であるが数は少ない」という絶妙な希少さがいいのかもしれない。
筆者の大好きで大切な鳥のひとつ。

ショウジョウコウカンチョウのメス

<メス> 2009.9.1. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク

■ショウジョウコウカンチョウのメス

ショウジョウコウカンチョウのメスはオスに比べてずいぶんと控えめな羽色をしている。くちばしや翼などを除いた部分は褐色なのでひとめでメスだと分かる。
写真の個体はよく見ると足環がついている。モニタリング調査でもされているのだろうか。

ショウジョウコウカンチョウのオス

<オス> 2009.12.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク 

■ショウジョウコウカンチョウのオス

寒さが厳しいトロントの冬、バーダーが撒いた餌にショウジョウコウカンチョウが寄って来た。
白い雪と真っ赤な羽色が素晴らしいコントラストを生んでいる。
欲を言えばもっと雪が積もっていて欲しかった・・・

美しくさえずるオス

<オス> 2010.4.4. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■美しくさえずるオス

厳しい冬が終わり、トロントの空に晴天が戻ると繁殖の季節だ。
公園に響く鳥のさえずりのなかでも一際美しいのがショウジョウコウカンチョウの歌。
容姿も歌もトップクラスの人気者。

見つめるショウジョウコウカンチョウ

<メス> 2009.12.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク 

■見つめるショウジョウコウカンチョウ

まん丸なショウジョウコウカンチョウのメスと目が合った。
冬場、赤い実だけを残すモノトーンの背景にうまくカモフラージュしていてびっくりした。
ショウジョウコウカンチョウはトロントで年中みられるが、天気の悪い冬に撮るほうが美しく見える。

長く伸びた冠羽

<メス> 2009.12.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク 

■長く伸びた冠羽

ショウジョウコウカンチョウの特徴に長い冠羽がある。
普段は立っていないことが多いが、立たせるとかなりのモヒカンだ。
この冠羽はオス、メス両方ともにみられる。

テキサスのショウジョウコウカンチョウ

<オス> 2010.9.19. アメリカ合衆国/テキサス州/ニードヴィル/ブラゾスベンド州立公園 

■テキサスのショウジョウコウカンチョウ

テキサス州でみたショウジョウコウカンチョウ。
いつどこで見てもこの美しさには感動する。

アリゾナのショウジョウコウカンチョウ

<メス> 2012.2.3. アメリカ合衆国/アリゾナ州/ツーソン 

■アリゾナのショウジョウコウカンチョウ

アリゾナ州ツーソンでみつけたショウジョウコウカンチョウ。1年ぶりに見る大好きな鳥。
録音の鳴き声を聞かせると首をかしげていた。

 

眼遊記

218 Tucson ~Lesser Goldfinchのナイスショット~
108 Brazos Bend State Park ~ワニの楽園~
051 Humber Arboretum ~のんびり散歩~
046 High Park ~桜満開~
040 Derrydowns Park ~近所をブラブラと~
039 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリのいる公園~
024 High Park ~水鳥はどこへ?~
018 G Ross Lord Park ~もう行かない~
017 High Park ~もう少し早く来れば・・・~
014 Ernest Thompson Seton Park ~紅葉がピーク~
010 High Park ~優良ガイド~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。