眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> カラス科(Corvidae) >> カラス属(Corvus)

ワタリガラス (Common Raven)

Corvus corax

ワタリガラス (Common Raven)

2010.6.13. カナダ/アルバータ州/バンフ国立公園/ハイウェイ1

分布:ユーラシア大陸、北アメリカ大陸、グリーンランド

ワタリガラスはアメリカガラスとともに北米で広くみられるカラス属の鳥だ。
カラス属の中では大型で、中サイズの猛禽類くらいの大きさがある。
ユーラシア大陸から北米大陸まで生息し、日本では北海道で冬季に観察される。
日本人にとっては不思議な感じがするが、ワタリガラスを神聖視する地方は非常に多く、多くの人々から愛されている。
実際アメリカガラスなどの中型のカラス属を指す英単語は"Crow(クロウ)"、ワタリガラスは"Raven(レイヴン)"と、一般的にも呼び名が違う。
日本語でいうとタカとワシのようなものだろうか(この場合どちらが偉いとかはないが)。
いざ実物を目の前でみると、Raven(レイヴン)はCrow(クロウ)と違うというに納得することができる。大型であるし、漆黒の羽毛もしっかりしている、そして木のてっぺんなど、高いところにとまって回りを見張っている姿がなんとも神々しい。Raven(レイヴン)を神聖視する意見に納得だ。
高いところにいるので写真の被写体には最適。トップ画像はバンフ国立公園で撮影した会心の1枚。

カナディアンロッキーのワタリガラス

2010.6.13. カナダ/アルバータ州/バンフ国立公園/ハイウェイ1 

■カナディアンロッキーのワタリガラス

高いところから周りを見張るワタリガラス。
毅然とした様子に神々しさを感じる。

グランドキャニオンのワタリガラス

2010.4.17. アメリカ合衆国/アリゾナ州/グランドキャニオン国立公園 

■グランドキャニオンのワタリガラス

グランドキャニオンでみたワタリガラス。
観光客が多く行きかうトレイルで皆を見守っているかのよう。

イエローナイフのワタリガラス

2010.3.20. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ 

■イエローナイフのワタリガラス

北緯62度の極寒の地イエローナイフのワタリガラス。筆者が行った3月は非常に数が多く、街のいたるところでワタリガラスの姿をみることができた。

ワタリガラスのくちばし

2010.3.20. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ 

■ワタリガラスのくちばし

よく見ると、ワタリガラスの大きなくちばしには毛が生えている。
目が白いのは白内障になっている訳ではなく、ちょうど瞼を閉じていたため。

ワタリガラスの爪

2010.6.13. カナダ/アルバータ州/バンフ国立公園/ハイウェイ1 

■ワタリガラスの爪

体も大きいが、ワタリガラスの爪はまるで猛禽類のように鋭くて大きい。
人を襲ってくるようなことはないが、この爪で攻撃されれば大怪我になるだろう。

アーアーと鳴くワタリガラス

2010.3.21. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ 

■アーアーと鳴くワタリガラス

高いところからアーアーと鳴くワタリガラス。
他の個体とコミュニケーションをとっているのだろう。
ワタリガラスの鳴き声は実に多様で、コロコロコロコロとうがいをするようなかわいらしい鳴き方もある。

飛翔するワタリガラス

2010.3.19. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ 

■飛翔するワタリガラス

大きなワタリガラスが飛翔する姿はかなりの迫力がある。

パンをくわえて飛翔中のワタリガラス

2010.3.20. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ/フレーム湖 

■パンをくわえて飛翔中のワタリガラス

-30℃にもなる極寒の地イエローナイフでこれほどまでワタリガラスが多いのはパンなど人の食物を食べているからだろう。

雪の中をあさるワタリガラス

2010.3.19. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ 

■雪の中をあさるワタリガラス

草原で地面をついばむカラスはよく見るが、雪をついばんでいるワタリガラスを見てびっくりした。
極寒の地で食物を確保するのは大変なことだろう。

カナディアンロッキーのワタリガラス

2010.6.12. カナダ/アルバータ州/バンフ国立公園/レイクルイーズ 

■カナディアンロッキーのワタリガラス

真っ青な青空を舞うワタリガラス。
カナディアンロッキーで見た光景はどのシーンも忘れられない素晴らしいものだった。

カナディアンロッキーのワタリガラス

2010.6.13. カナダ/アルバータ州/バンフ国立公園/ビッグヒル 

■カナディアンロッキーのワタリガラス

山をバックに鳴くワタリガラス。
こんな光景が見られるのもカナディアンロッキーの魅力。

ワタリガラスのオブジェ

2010.3.21. カナダ/ノースウエスト準州/イエローナイフ 

■ワタリガラスのオブジェ

イエローナイフの街ではいたるところでワタリガラスのオブジェをみることができる。
大きさも同じくらいで色々な柄にペイントされていてユニークだ。

グランドキャニオンのワタリガラス

2014.2.9. アメリカ合衆国/アリゾナ州/グランドキャニオン国立公園 

■グランドキャニオンのワタリガラス

グランドキャニオンのワタリガラス。

グランドキャニオンのワタリガラス

2014.2.9. アメリカ合衆国/アリゾナ州/グランドキャニオン国立公園 

■グランドキャニオンのワタリガラス

グランドキャニオンのワタリガラス。

 

眼遊記

395 Grand Canyon National Park ~2度目のグランドキャニオン~
064 Icefields Parkway ~素晴らしい角~
061 Highway 1 ~いきなり大物~
056 Moraine Lake ~カナダを代表する湖~
055 Lake Luise ~カナディアンロッキー初上陸~
044 Grand Canyon National Park ~壮大~
036 Yellowknife ~ラストチャンス~
034 Yellowknife ~犬ぞりレースと丘探検~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。