眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> カラス科(Corvidae) >> カラス属(Corvus)

ハシブトガラス (Jungle Crow)

Corvus macrorhynchos

ハシブトガラス (Jungle Crow)

2009.3.11. 島根県/出雲市/神西沖町

分布:日本(全国)、インド、ロシア、中国
地方名:からす(全国)

カラスは誰もがよく知っている黒い鳥で、カラスは「カラス」1種だと思い込んでいる人も多いと思う。
慣れるまでは見分けるのが難しいが、我々の生活の周りには2種類のカラスが生息している。くちばしが太いハシブトガラスと、くちばしが細いハシボソガラスだ。
ハシブトガラスは元々森に生息する鳥だが、ビルを木の代わりに利用し、上手く都会に適応したとされている。都市部でゴミをあさったり営巣したりして問題となっているカラスは本種であることが多いようだ。
筆者が住む島根県松江市の街中ではあまり本種を見る機会が少ない。ということはハシブトガラスは松江を都市として認識していないということだろうか・・・

枯木にとまったハシブトガラス

2011.9.26. 島根県/松江市/美保関町 

■枯木にとまったハシブトガラス

日本海をバックに枯木にとまるハシブトガラス。
よく見ると翼が青味を帯びていてとても美しい。
ハシブトガラスはハシボソガラスに比べてくちばしが太く、額が盛り上がっているため強そうな印象を受ける。

高いところを好むハシブトガラス

2011.9.26. 島根県/松江市/美保関町 

■高いところを好むハシブトガラス

枯木にとまり辺りを見回すハシブトガラス。
高いところが好きなようだ。

巣材を運ぶハシブトガラス

2009.3.21. 島根県/松江市/意宇町 

■巣材を運ぶハシブトガラス

巣材をせっせと運ぶハシブトガラス。春はハシブトガラスが巣作りを始める時期だ。

島根の白いカラス

2012.11.28. 島根県/大田市 

■島根の白いカラス

島根県大田市で撮影した、非常に珍しいハシブトガラスのアルビノ(白化個体)。
先天性の遺伝子異常でメラニンを生成できないため体色が真っ白になっている。
このような突然変異は色々な生物でみられるが、目立つ体色であるため、天敵などに狙われやすい。
ここまで完全なアルビノでこれほどまでに大きくなっている個体は非常に珍しい。

島根の白いカラス

2012.11.28. 島根県/大田市 

■島根の白いカラス

タラノキの果実を食べるハシブトガラスのアルビノ。
くちばしは血液が透けて見えるためピンク色にみえる。よく見ると爪まで真っ白だ。

オサハシブトガラスの死骸

<亜種:オサハシブトガラス C.m.osai> 2013.11.18. 沖縄県/石垣市/名蔵 

■オサハシブトガラスの死骸

八重山列島に生息する亜種オサハシブトガラス。
本州に生息する亜種ハシブトガラスに比べると一回り小さい。

島根の白いカラス

2012.11.28. 島根県/大田市 

■ハシブトガラスの生息する環境

都会でゴミをあさるカラスとして悪名高いハシブトガラスだが、本来はこのような山里に生息している鳥。

 

眼遊記

368 石垣市 ~石垣島夜の森~
287 島根県大田市 ~白いカラス~
199 美保関燈台 ~蚊地獄~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。