眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> アトリ科(Fringillidae) >> ヒワ属(Carduelis)

オウゴンヒワ (American Goldfinch)

Carduelis tristis

オウゴンヒワ (American Goldfinch)

<オス> 2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク

分布:カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ

カナダ、トロント周辺でみられるヒワ属の鳥と言えば、誰もがオウゴウンヒワと答えるだろう。
American Godldfinch(アメリカのオウゴンヒワ)の名前が指すとおり、オスはとても鮮やかなレモンイエローで美しい。一方メスはやや褐色がかり、オスにみられる頭部の黒いキャップがない。
鳴き声は高くチッチッチッととても心地よく、このさえずりを聞くだけでトロントの春の景色が脳裏によみがえってくる。大好きな鳥のひとつだ。

オウゴンヒワのオス

<オス> 2009.9.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク 

■オウゴンヒワのオス

オウゴンヒワのオス。
羽色はレモンイエローで、頭部に黒いキャップがみられる。

オウゴンヒワの若鳥

<若鳥> 2009.9.12. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハイパーク 

■オウゴンヒワの若鳥

オウゴンヒワの若鳥。
羽色はグレーで地味。

オウゴンヒワのオス

<オス> 2010.4.3. カナダ/オンタリオ州/トロント/ハンバーマーシュパーク 

■オウゴンヒワのオス

オウゴンヒワのオス。
美しいレモンイエローの体は、緑のないところでは非常に目立つ。

オウゴンヒワのメス

<メス> 2010.4.4. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■オウゴンヒワのメス

オウゴンヒワのメス。
羽色は褐色がかった黄色で、オスより地味。
また頭部の黒いキャップがないため簡単にオスと見分ける事ができる。

水浴びするオウゴンヒワ

<オス> 2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■水浴びするオウゴンヒワ

オウゴンヒワは水浴びが大好き。

水浴びするオウゴンヒワ

<オス> 2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■水浴びするオウゴンヒワ

水浴びするオウゴンヒワの写真を撮っていたら、首が180度回転しているすごい写真が撮れた。

水浴びするオウゴンヒワ

<オス> 2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■水浴びするオウゴンヒワ

頭を洗ったら、今度は身体。
水の中に入って翼を洗っていた。

水浴びするオウゴンヒワ

<オス> 2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■水浴びするオウゴンヒワ

頭を洗ったら、今度は身体。
水の中に入って翼を洗っていた。

水浴びするオウゴンヒワ

<オス> 2010.5.16. カナダ/オンタリオ州/トロント/カーネルサミュエルスミスパーク 

■水浴びするオウゴンヒワ

オスが水浴びした後、やってきたのはメス。


眼遊記

048 Colonel Samuel Smith Park ~春の小鳥たち~
039 Colonel Samuel Smith Park ~カイツブリのいる公園~
038 Discovery Walk ~4時間のハイキング~
011 Toronto Islands ~今度こそ野鳥の会~

 

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。