眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> ムクドリモドキ科(Icteridae) >> Euphagus属(Euphagus)

テリムクドリモドキ ( Brewer's Blackbird )

Euphagus cyanocephalus

テリムクドリモドキ ( Brewer's Blackbird )

<オス> 2012.6.21. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/ゴールデンゲートブリッジ

分布:アメリカ合衆国(西部、中央部)、カナダ(南部)、メキシコ

テリムクドリモドキは北アメリカ西部に生息する小型の鳥だ。
英名のBrewer's Blackbird (ブレワーの黒い鳥)はアメリカの鳥類学者Thomas Mayo Brewerの名から名づけられたらしい。
一方和名のテリムクドリモドキは「照りのよいムクドリと紛らわしい鳥」だろうか。あんまりありがたみのある名前ではない。
サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフへ行ったとき、道沿いの芝や植え込みでたくさんのテリムクドリモドキをみた。
だいたい北アメリカで、人が多く食べ物のゴミがでるような場所、そして植物の手入れがされていれば、ホシムクドリモドキが猛威を震っているイメージがあるが、ここではホシムクドリモドキの姿はなくテリムクドリモドキのパラダイスだった。
実はこの4年前に同じ場所へ来たことがあったが、そのときは野鳥には興味がなく、テリムクドリモドキのことなど全く覚えていなかった。
野鳥に興味のない人からすればスズメと同じような存在なのかもしれない。
テリムクドリモドキのオスは他のムクドリモドキ同様、金属光沢のような独特の青黒い輝きを持っている。
一方メスは茶褐色で地味な羽色。

テリムクドリモドキのメス

<メス> 2012.6.20. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/フィッシャーマンズワーフ

■テリムクドリモドキのメス

テリムクドリモドキのメス。
メスは茶褐色で光沢の少ない羽色をしている。
虹彩はオスと異なり黒い。

子育てをするテリムクドリモドキ

<メス・幼鳥> 2012.6.20. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/フィッシャーマンズワーフ 

■子育てをするテリムクドリモドキ

子供に餌を与えているテリムクドリモドキのお母さん。
拡大すると虫のようなものを与えていた。

子育てをするテリムクドリモドキ

<メス・幼鳥> 2012.6.20. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/フィッシャーマンズワーフ 

■子育てをするテリムクドリモドキ

頭が入りそうなほど大きな口の中に餌を入れてやるテリムクドリモドキのお母さん。
自分とほぼ同じ大きさになるまでずっと餌を与え続けるという、ものすごい手厚い子育てだ。

餌を探すテリムクドリモドキのメス

<メス> 2012.6.20. アメリカ合衆国/カリフォルニア州/サンフランシスコ/フィッシャーマンズワーフ 

■餌を探すテリムクドリモドキのメス

子供に餌を与えては餌を探すテリムクドリモドキのメス。
食べ盛りの子供のために大忙しだ。


眼遊記

387 Old Fisherman's Wharf ~人生2度目のホエールウォッチングは・・・~
242 Golden Gate Bridge ~愛しのハチドリ~
240 Fisherman's Wharf ~新婚旅行Day1~

<<前の種

 

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。