眼遊 日本語
English
Top Profile Gallery Works Links Contact 眼遊記 Search

動物界(Animalia) >> 脊索動物門(Chordata) >> 鳥綱(Aves) >> スズメ目(Passeriformes)
>> ヒタキ科(Muscicapidae) >> ノビタキ属(Saxicola)

ノビタキ (African Stonechat)

Saxicola torquata

ノビタキ (African Stonechat)

<オス 夏羽> 2013.4.18. 島根県/松江市/美保関町

分布:ユーラシア大陸(中部~西部)、東南アジア、インド、日本

ノビタキは夏に中部以北へ渡ってきて繁殖する夏鳥。
筆者の住む島根県では、春に北を目指すノビタキが通過するようだ。
オスの夏羽は頭部が黒く、喉がオレンジ色をしている。対して雌は頭部は薄い褐色で、同じく喉がオレンジ色。
北海道でみたメスは人の背よりやや低いブッシュの見晴しのよい場所にとまっていた。森ではなく、「野」でみられるヒタキだからノビタキなのだろうか。

ノビタキオスの夏羽

<オス 夏羽> 2013.4.18. 島根県/松江市/美保関町 

■ノビタキオスの夏羽

ノビタキオスの夏羽。
頭部が真っ黒なのでメスと簡単に区別することができる。

ノビタキのオス

<オス 夏羽> 2013.4.18. 島根県/松江市/美保関町 

■ノビタキのオス

ノビタキのオス。
少し高いところで虫などの餌がいないか探しているようだった。

ノビタキメスの夏羽

<メス 夏羽> 2013.4.18. 島根県/松江市/美保関町 

■ノビタキメスの夏羽

ノビタキメスの夏羽。
頭部が真っ黒なオスに対し、メスの頭部は薄い褐色。
オスとメスは簡単に見分ける事ができる。

ノビタキのメス

<メス 夏羽> 2013.4.18. 島根県/松江市/美保関町 

■ノビタキのメス

ノビタキのメス。
あまり特徴的ではないので最初はパッと名前が出てこなかった。

繁殖地のノビタキ

<メス 夏羽> 2014.7.7. 北海道/苫小牧市/ウトナイ湖 

■繁殖地のノビタキ

北海道苫小牧市にあるバードサンクチュアリのウトナイ湖でみたノビタキのメス。
ノビタキにとってここは繁殖地。
それほど背丈のないブッシュの見晴しがよい場所で周りのようすをみていた。
和名は「野のヒタキ」という意味なのかなと想像された。

ノビタキのオス

<オス> 2017.4.14. 島根県/松江市/美保関町 

■ノビタキのオス

島根県では春にノビタキに出会えるチャンスが多い。

ノビタキのオス

<オス> 2017.4.14. 島根県/松江市/美保関町 

■ノビタキのオス

虫など餌になるものを探しているノビタキ。

 

眼遊記

575 美保関 ~春の小鳥たち~
416 ウトナイ湖 ~北海道のバードサンクチュアリ~

 

<<前の種

 
カウンター

© 2010 Takuya Morihisa, All Rights Reserved
当サイト内の画像および記事を無断で使用することを禁止します。